キハ58&キハ185&松浦鉄道引退車両など ★2007年有田臨撮影記㊦

㊤へ

190504444 (22)
有田から早岐駅に移動
キハ66・67の国鉄色と遭遇
製造から40年以上たった2016年現在もいまだ現役で使用中


190504444 (23)
併結相手の特急みどり号を待つ783系特急ハウステンボス

190504444 (24)
ホーム横の留置線に停車中のキハ185系
たしか熊本方面から団体列車として運転されてきたものだと思う
90年代終わりごろまでは熊本方面から「急行」の有田陶器市号も運転されていたらしいが
その時代の記憶はない

190504444 (25)
保線車両
正確には車両ではなく機械扱いだろうけど

190504444 (19)
早岐駅駅舎
おそらく開業当時からのものと思われるなかなか年季の入った立派な駅舎が建っていた
長崎駅高架工事に伴い早岐駅横に長崎車両センターが移転
これに伴い駅構内も大幅な改良工事が行われ駅舎も橋上化
当然地平駅舎は解体されてしまったらしい

190504444 (20)
改札口
雨天のためかなり薄暗かった

190504444 (21)
駅横の留置線群
奥に留置されている電車はすべて有田陶器市の臨時列車に使用されたもの
普段の日中は多分なんの車両も停まってい無いような状態だったと思う
前述のとおり現在長崎駅から長崎車両センターが移転してきているので
このスペースには現在多くの車両たちが止まっているはず


190504444 (26)
長崎から有田までやって来たキハ58・28+66・67の快速有田陶器市21号は
有田まで到着後は有田~早岐間を間合い運用みたいな感じで1往復か2往復していた記憶がある

190504444 (27)
その列車に乗り有田方面へ向かう

190504444 (28)
上有田で下車

190504444 (29)
上有田駅舎
古いながらも最近整備されたためピカピカの木造駅舎が現存している
有田陶器市期間は駅員が多数派遣され特急も臨時停車
駅周辺も写真のように大勢の人であふれかえっていた

190504444 (30)
有田駅に移動

190504444 (31)
有田駅の中線には有田陶器市21号に使用されたキハ58などの車両が留置中
数人の同業者がこれを撮影していた

190504444 (32)
福岡方面への快速有田陶器市号
何往復か運転される中の415系が使用される1往復にはヘッドマークが付けられることが恒例となっていた
ただここ数年のうちにヘッドマーク装着も取りやめとなったらしい
本当につまらんことになった


190504444 (33)
キハ58と青のSSL色の連結部分

190504444 (34)
横から見ると運転台窓の高さも尾灯の位置も全然違う

190504444 (35)
この車両がデビューした1960年代には手動ドアの旧型客車もまだ多数走っていたので
客用扉の窓ガラス部分には「自動ドア」のシールが貼ってあった

190504444 (36)
有田駅からは松浦鉄道も分岐

190504444 (37)
100形か200形か300形か忘れたけど
上2枚の車両も現在は新型車両に置き換えられてしまっている

190504444 (38)
最後に駅名標

竹下所属のキハ58・28は翌年2008年を最後に有田陶器市臨の運用に入ることは無くなった

終わり

いすみ鉄道行きたいなあ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR