5月某日原付ぶらりその4END  知林ヶ島巨大ヒトデ・海ぶどう?&魚見岳 など

かなり引き延ばした知林ヶ島シリーズもこれが最後

1605tiringa (25)
遊歩道を下り砂州へと向かう
島内にぽつぽつ生えていた写真中央のバナナの葉っぱみたいな植物はいったいなんなんだろうか
本物の野生のバナナ?

1605tiringa (27)
島外周の磯まで下って来た
往路には気づかなかったけど磯のところどころに真緑の物体が転がっていた

1605tiringa (26)
この緑色のもじゃもじゃ
よく見るとちいさなつぶつぶが無数にある
これはもしやウミブドウ??
wikipediaを見るとウミブドウ(正式にはクビレズタ)は国内には南西諸島にしか分布していないらしい
しかし素人目ではあるけどどう見てもウミブドウに見える
海ぶどうかそれに近い品種なのは確かなはず


1605tiringa (28)
ウミブドウと同じく往路には気づかなかったこの物体
多分港の構造物がどっかから流れ着いたんだと思う
窪みに海水が溜まり潮だまり状態になっている

1605tiringa (29)
少々時期は早いけどもしかすると南方の熱帯魚が泳いでいるかも…と思い中をのぞき込むと

1605tiringa (30)
人の顔程もある巨大なヒトデが中に住み着いていた
本当にびっくりした
ここまでデカいと気持ち悪い以外の感情が思い浮かばない
と言いつつも持ち上げてみたくなったが周りに人がいたため断念…

1605tiringa (31)
砂州を歩いて本土へ…
訪問時は平日の夕方だったため人影もまばらだけど
土日は結構賑わうらしい

1605tiringa (32)
大隅半島の山々

1605tiringa (33)
九州島に戻って来た
振り返り知林ヶ島を見る

1605tiringa (34)
椰子

1605tiringa (35)
知林ヶ島のちょうど対岸位置にある
魚見岳に登ることにする
登ると言っても頂上まで道がつながっているため原付で直行

1605tiringa (36)
標高215m
魚見岳のてっぺんには電波塔がドーンとそびえ立っている

uuuomi166.png
知林ヶ島南展望台から見た魚見岳
矢印の先がこの場所
「東洋のハワイ」とか「ダイヤモンドヘッドそっくり」だとか鹿児島県観光連盟のサイトには記載されていたけど
さすがにハワイを馬鹿にしすぎな気がする
何でもかんでもハワイに例えるのは本当にやめた方がいい

1605tiringa (39)
こんな感じで知林ヶ島を一望することができる
時刻は18時頃
大分砂州も細くなった
知林ヶ島の向こうの山並みは大隅半島
湖に浮かぶ島のように見えなくもない 

1605tiringa (37)
知林ヶ島だけではなく指宿市街方向にも視界が開けている
右の方には小さく開聞岳も映り込んでいる
中々の展望の良さで正直驚いた
知林ヶ島を見るよりもこっちの方がいいかもしれない

1605tiringa (38)

1605tiringa (41)
帰ろう…

1605tiringa (42)
魚見岳を下る途中
適当な場所から見た桜島
手前の畑が妙に南国っぽくて良い感じだ
それプラスなんとなく最果て感も感じる


なんかに似とるなあと思ったけど記憶をたどると
礼文島桃岩遊歩道から見た利尻富士がこんな景色だった

rebunrisiriaaaa.jpg
結局最後は北海道…
北海道行きたいです

END
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR