789系スーパー白鳥&摩周丸 ★8日目その3 毎年恒例?普通列車で行く春の大旅行記

その2へ


2016303333 (1)

朝食というか昼食を食べ終わった後再び函館駅にやってきた

789系スーパー白鳥を撮る



2016303333 (2)

キハ183系北斗と並ぶ




2016303333 (3)

キハ40


2016303333 (17)

駅近くの海辺に係留されている青函連絡船 摩周丸 を見物しに行くことにした

海辺を沿うように長い長い橋が架かっている

函館湾岸大橋というらしい

橋の下は雪捨て場となっているようで泥で汚れた雪がうず高く積まれていた

そのまま海に捨てたほうが早い気もするけどしてないということはやっちゃダメなんだろう


2016303333 (4)

函館市青函連絡船記念館 摩周丸 


2016303333 (5)

摩周丸が係留されている埠頭の対岸にある函館どつく

どつくは誤字ではない


2016303333 (6)

後ろのほうには函館山もそびえたつ

この天気だと登ってもろくな景色は見えないはず

摩周丸見学後は八幡坂あたりをぶらつくことにしよう



2016303333 (7)

青森駅近くに保存されている八甲田丸との共通入場券を買い

船内へ…


2016303333 (8)

船体に描かれている摩周丸のロゴ

かわいらしいイルカが書かれておりロゴという表現は適切ではない気もする

野球風にペットマークと言ったほうがいいようなイラストだ

語彙が少ない人間が必死に呼び名を考えていたけど

結局マスコットと書いたほうが一番しっくりきた


これ廃船後に書かれたんだろうと思ってたけど船内の写真を見ると

現役当時からのものだそうな

この可愛らしさはでも通用すると思う


2016303333 (9)

船内

デッキは強風のため閉鎖されていた

「強風のため」と書かれているけどもしかすると

冬季は閉鎖されているのかもしれない



2016303333 (10)

国鉄当時の時刻表など様々なものが展示されている

この時代に旅をしてみたかった



2016303333 (11)

摩周丸のグリーン座席

レッグレストもついていて鉄道車両のグリーン車よりも

はるかに気合が入った作りとなっていた

座りたかったけど座っていいのかよくわからなかったんで眺めるだけ


今調べてみると下の普通座席もだけど

当時のものではなく復元されたものだそうで



2016303333 (12)

こちらは普通座席

新幹線や特急型車両の自由席で使われたのとおそらくほぼ同タイプの

クロスシートとなっている

ただ鉄道車両と違い座席の回転機能はついていないようだ



2016303333 (13)

当時の制服

マリンガールとかいうガールが乗船していたこともあったらしい



2016303333 (14)

操舵室


2016303333 (16)

ハンドル


2016303333 (15)

函館どつく方向を見る

廃船になったけどまだ海に浮かんでいて

しかも自分の仕事場であった津軽海峡のほうを向いて係留されているのは

なんかいいなあと思えた


続く


以下小言

新しい投稿ページを使っての初めてのブログ更新となった

投稿フォームというか文字を打つスペースにそのまま画像が表示されるので

予想以上に使いやすい

chrome推奨と書いてあるけどIEを使って書いたためかしらんけど

微妙に画像左端が空くのが気になるところ

これ以上左に寄せることはできないようだ

過去の文と見比べてみると文字の大きさも微妙に違う気がしないでもないような気が…

なんか微妙に気持ち悪いけどそのうち慣れるんだろうか








関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR