ミヤマキリシマの季節到来???★その1 霧島連山初夏登山 

2016年5月22日(日)
夜明け後に鹿児島市内の自宅を出た
kirisima165[ (1)
海沿いを進む
景色がきれいだったので仙巌園がある磯地区の手前あたりで早くも小休止
写真を撮ることにした


kirisima165[ (2)
画面左側奥
うっすらと見えている三角形の山が高千穂峰
とりあえずはあそこの下まで向かう


kirisima165[ (3)
8時前に高千穂河原駐車場に到着
入口の料金所で200円とられた
ちなみに普通乗用車は500円
写真だと車が結構止まっているようにも見えるが
実際はここの区画以外は閑散としていた
ミヤマキリシマの季節はもっと混雑するはずだと思っていたんで少々意外だった
もしかしてまだ咲いてない?


kirisima165[ (4)
7時51分 高千穂河原駐車場を出発
ここの標高は970m

kirisima165[ (5)
7時55分 古宮址
霧島神宮はもともとこの場所に位置していたが
1235年のお鉢噴火で消失してしまったらしい
それにしてもミヤマキリシマの咲き方があまりよくない気がする
つぼみの株があったかと思えばもう咲き終わっている奴もある
2014年しか来てないので良く分からんが毎年こんなもんなのかもしれん


kirisima165[ (6)
林の中を進む

kirisima165[ (7)
いちいち調べる気もないけど登山道わきに時たま生えていた
この白い花が案外よく目立っていた
ガクアジサイの外側みたいな感じがする

kirisima165[ (8)
15分ほど林の中を歩くと風景は一変

kirisima165[ (10)
急こう配
しかも砂だらけのガレ場を一歩一歩上る
中岳のふもと辺りはピンク色に染まっていた
あの辺りのミヤマキリシマは見ごろのようだ
高千穂河原からその場所へも遊歩道が伸びているので下山後行ってみることにする



kirisima165[ (11)
肝心の高千穂峰斜面に生えるミヤマキリシマはこんな感じ
まだ早かった…

kirisima165[ (12)
まあこんな感じで咲いていないという訳ではないが
ちょっと物足りん
2014年も見頃より早く来てしまったけどその時とは比べ物にならんくらい咲いてない



kirisima165[ (13)
後ろを振り返る



kirisima165[ (14)
もやがかかっているので分かりずらいが錦江湾と桜島もうっすらと見えた



kirisima165[ (19)
御鉢の火口縁
馬が背を歩く
遮る物が何もないので飛ばされそうになるくらいの暴風が吹き荒れる
両方とも絶壁なので当然飛ばされたら死ぬはず


kirisima165[ (15)
御鉢



kirisima165[ (21)
馬が背を渡り終えたら再び上り坂


kirisima165[ (22)
このへんはそこそこ咲いている


kirisima165[ (23)
登る

kirisima165[ (24)
9時12分 標高1573m 高千穂峰山頂に到着
登山客はかなり少なく閑散としていた
中央には天逆鉾が突き刺さっている
前来た時は国旗が翻っていたが今日は掲揚されていない
毎日掲げられているという訳でもないらしい

kirisima165[ (28)
山頂から東側へ伸びる登山道を少し下るとイワカガミの群生地がある
ミヤマキリシマに比べるとあまり注目されていない感はあるが
これはこれで美しい

kirisima165[ (32)
9時40分 下山開始
この斜面で2度もすっころんでしまった
このせいで右足の親指の爪が割れたようだ
割れたかどうか見たとこで治るわけでもないので家に帰るまであえて見なかった
が帰宅後に確認するとやっぱり割れていた
そりゃ痛いはずだ

kirisima165[ (33)
どこまでも広がる緑のじゅうたん

kirisima165[ (36)

kirisima165[ (37)
ミヤマキリシマはまだ咲いてないが新緑は美しい
これはこれで悪くないのかもしれん

14525高千穂 (14) 

14525高千穂 (19)

14525高千穂 (17)
上3枚は2014年登山時の様子
やっぱ咲いてたほうがいいわ



kirisima165[ (38)
11時ちょうど 高千穂河原に帰還

続く



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR