上高地 河童橋から徳澤へ ★3日目その3 湿気から逃げる初夏の旅


166kamiko03 (1)
12時20分 河童橋付近
これから明神または徳澤を目指し梓川の右岸を歩くことにする

166kamiko03 (2)
歩き始めていきなり蛇に遭遇
緑っぽい地味な色なのでたぶん無毒のアオダイショウだと思われる


166kamiko03 (3)
日向ぼっこの真っ最中のようでどいてくれない
最終便の発車時刻まで腐るほど時間があるので退くまで観察しようと思っていたら
後ろから来たハイカーが蛇と鉢合わせ
中年のばばあがギャーと悲鳴を上げたせいで蛇は道脇の藪の中に逃げて行ってしまった

166kamiko03 (4)
歩く

166kamiko03 (5)
田代湿原あたりもそうだったがところどころにオレンジ色のつつじが咲いていた


166kamiko03 (7) 
河童橋より上流に10分ほど進んだ床にある展望デッキ
焼岳噴火の際に立ち枯れたと思われる木々が立ち並んでいて
独特の風景となっていた


166kamiko03 (6) 
大正池の立ち枯れ木はだいぶ数が減ったようだけどこの付近はまだかなりの数が現存している
初めて見たときはめちゃくちゃ感動したけどもう何度も見た景色ということで特に感動もなく
写真を撮るだけ

166kamiko03 (9) 
さらに先へ進み穂高・岳沢登山路分岐付近にかかる木橋から見た梓川の清流

166kamiko03 (8)
何度来ても見入ってしまう美しさではあるもののやっぱり何度も見た景色だけあって感動は薄い


166kamiko03 (10)
明神へ近づくと道は木道になる

166kamiko03 (12) 

166kamiko03 (11)
抹茶を下品にしたような色合いの糞が落ちている
踏まれて乾燥しているようなものから肛門から出てきたばかりのようなものまで
いろんな状態の糞がいたる所に落ちていた
まさか熊?とも思ったがこんな人気のあるところで糞をするほど警戒心の無い動物ではないだろうからおそらく猿の糞だと思われる

166kamiko03 (13)
明神池の目の前まで行ったものの帰りによることにしたので
休憩所で持参した昼食を食べた後先へ進むことに…
この先は左岸にしか道はないので明神橋を渡り梓川を超える

166kamiko03 (14) 
なんかの花


166kamiko03 (15)
一瞬ライチョウだと思った
ただの鳩やん

166kamiko03 (19) 
たぶん明神岳

166kamiko03 (18)
明神岳の脇の山
だいぶ雪が残っている
よくわからんけど氷河で削られた地形っぽい

16niriaaa.jpg

166kamiko03 (20)
道端には時たまニリンソウの姿も…
今年は雪解けが早かったこともあり例年よりもかなり咲くのが早かったようだ
2014年のこの時期に上高地を訪れた際は明神より先の道端はお花畑状態だったが…
まあ見れただけましか

166kamiko03 (16)
時刻は14時30分
明神から1時間ほどで徳澤についた


166kamiko03 (17)
徳澤のキャンプ場
2014年に訪問した際はこの付近もお花畑状態だったが今回は御覧のように芝生と大差ないような感じ
ぶっちゃけわざわざ歩いてこんでもよかったような気もする

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR