上高地 ニホンザルの親子と出会う ★3日目その4 湿気から逃げる初夏の旅


166kamikoosaru (1)
徳澤からの帰路
ニホンザルと遭遇

166kamikoosaru (2)
赤ん坊を抱えている個体も…
周囲を見回すと横の草むらから頭上の木々までいたるところ猿だらけ


166kamikoosaru (3) 



166kamikoosaru (4) 
真上にもサルの親子…


166kamikoosaru (5) 
お母さん下に変な奴おるよ

166kamikoosaru (8) 
むぅ…
人間の子供以上に表情が豊かな気がする
目がでかいからか…
東アジアの人間を差別するときにはよくイエローモンキーだとか言われるが
子ザルの顔って実は白人の子に近いんじゃないのとふと思った
こんなに目のでかい子供は日本人には沖縄系とか除くとなかなかいないと思う

166kamikoosaru (6) 
サルを見ながらさらに先へ進む
サル目当てに集ってるのか、ものすごい数の蠅や羽虫が飛び交っている
お前もサルと大差ないと羽虫は思ってるのか知らんが自分にもまとわりついてくる
立ち止まってサルの写真を撮ったりしていると鼻や耳にも入ってきて不愉快極まりない

166kamikoosaru (7) 
サル

166kamikoosaru (10) 
子持ち


166kamikoosaru (11)
穂高神社奥宮明神池にやってきた


166kamikoosaru (12)
明神池へ…


166kamikoosaru (13) 


166kamikoosaru (14) 
明神橋を渡り左岸経由で河童橋へと戻る

166kamikoosaru (15)
巨大な倒木

166kamikoosaru (16) 
西日が差してきてものすごく幻想的な光景になってきた

166kamikoosaru (17) 
が、河童橋へ到着することには再び雲が出てきた


166kamikoosaru (18) 
雲もどんどん下に降りてきた
大体山の天気は午後に悪化するのがセオリー…
おととしの再現はならなかった

166kamikoosaru (19) 
雲の穴からは青空
もうちょい広がってほしかった

166kamikoosaru (20)
18時発最終便で上高地を後にする


166kamikoosaru (21)
帰り道
新道が建設中
 
166kamikoosaru (22)
梓川の渓谷にかかる旧道
橋の形から見ても相当古いはず
このあたりの渓谷も上高地に負けず劣らずといっていいレベルで美しい
バスの車窓から眺めるだけなのは本当にもったいないと思う
遊歩道を作ってほしいところだけどここまでの観光地なのにそれがないということは落石や崩落の危険があるということだろう
本当にもったいない限り

166kamikoosaru (23)
がけっぷちのうねうね道を進む
この辺りも将来新ルートに代わるらしい

166kamikoosaru (24)
19時05分新島々BT着

スマホを引き取り19時25分発の松本行き電車に乗る



 166kamikoosaru (25) 
扉間の荷棚には通路を挟んで両側にディスプレイが設置
ときたま広告なども流れている
各車両に2台くらいならわかるがさすがに台数が多すぎる気がする

166kamikoosaru (26) 
19時54分 終点松本着
駅前イトーヨーカ堂の餃子の王将で飯を食った後塩尻駅へ向かい駅前のビジホにチェックイン

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR