313系で野尻→金山 ★4日目その9 湿気から逃げる初夏の旅


166chuo211b (71) 
14時31分 野尻を発車
166chuo211b (72)
ワンマン使用の313系なので車内は緑色のセミクロスシートが並んでいると思っていたがまさかの転換クロスシート
比較的最近に導入されたフルカラーLEDが付いている313系は2両だろうと6両だろうとすべて転クロ仕様になっているようだ
高山本線を走るキハ25なんかにも転クロを導入してくれればいいものをなんでオールロングシートにしたんだか…

166chuo211b (73)
発車後直ぐ
木曽川対岸に野尻渓谷入り口の橋が見えた


166chuo211b (74)
野尻の次 
十二兼駅手前にも吊り橋を発見
これもなかなか古そうだ
南木曽の桃介橋や野尻の吊り橋跡などとぱっと見似たような雰囲気だ
この辺のスタンダードなタイプなんだろうか…



166chuo211b (77)
14時51分 定刻に坂下到着 
この駅では下りしなの号を退避するために12分停車するダイヤが組まれている 

166chuo211b (76)
なかなか来ない…


sinanotuukaterara.png
15時過ぎにようやく下りしなの号に追い越された
どうも若干の遅れがあるようだ
乗車中の普通も15時03分の定刻より数分遅れて発車


坂下&南木曽&野尻駅
特急しなの号通過3連発


166chuo211b (78)
15時14分の定刻より若干遅れて中津川着
地下道を通り2番線停車中の名古屋行きへ乗り継ぐ



166chuo211b (79)
15時20分発名古屋行き快速電車は313系の6両編成
途中多治見までは各駅に停まる

166chuo211b (80)
こちらも転換クロスシート
ドア横座席背面の下部にギザギザが付いている車両は比較的初期に製造された
車だそうな

166chuo211b (81)
恵那到着前に謎の線路と合流
工場の引き込み線かなとか思案していたが


166chuo211b (82)
15時31分 恵那着
謎の線路の正体は第三セクターの明智鉄道だった
失礼ながら存在自体忘れていた
ググってみるとこれと言って特徴がある路線ではないようだ

166chuo211b (83) 
列車は進み名古屋市内へ…
ナゴヤドームも見えてきた
このあたりまで来ると車内も混雑し始める


16時30分 定刻に金山着
所持しているきっぷは南小谷→名古屋市内
ダブっている野尻→南木曽間の運賃を有人改札で払い出場した
まあ言わなきゃばれないんだけど…

野尻から乗車した際に整理券を取り忘れていたため不正乗車した人間みたいな扱いをされることを覚悟していたが金額を請求されただけでちょっと拍子抜け
166chuo211b (84)


166chuo211b (85)

54分発のミュースカイの指定と乗車券を購入し名鉄金山駅に入場
166chuo211b (87)
名鉄線も若干遅れてるようだ

 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR