その1 肥薩おれんじ鉄道に乗る ★普通列車で行く熊本の旅 

7月某日休日
ふと地震でぼろぼろになった熊本城を見に行きたくなったんで
九州満喫きっぷを使い熊本に行くことにした
なんかこういう書き方をすると不謹慎かね

1666kmk (2)
817系普通川内行き

1666kmk (1)
たぶん隈之城駅
ホーム石垣を登るトカゲを発見
平野の水田に囲まれたとこで生まれ育ったんでトカゲに会う機会があまりというかほぼ全くなかったこともありいまだに遭遇すると写真を撮ってしまう

1666kmk (3)
川内着
肥薩おれんじに乗り換え


1666kmk (4)
川内市街地を抜け東シナ海のそばを進む

1666kmk (5)


1666kmk (6)
夏っていいなあ

1666kmk (7)


1666kmk (8)
そこまでぶっ飛んだ凄い景色が見れるという訳ではないけど
今日みたいな晴れた日に乗るとそこそこ綺麗な車窓が楽しめる

1666kmk (9)

1666kmk (10)
川内を離れると旧タイプの架線柱も目立つようになった
個人的にはこの形状のやつかなり好きです
ネットで調べても架線柱マニアというのはあまりいないのか詳細は不明だけど

1666kmk (11)
出水で小休止
国鉄時代からの駅舎は営業所として使われているようでその左横に小さな駅舎が
新たに建てられていた
後ろのでっかい構造物は九州新幹線の出水駅

1666kmk (12)
肥薩おれんじ鉄道の列車
平川動物公園のラッピングが施されていた


1666kmk (13)
10時34分 出水発車

1666kmk (14)


1666kmk (15)



1666kmk (16)
旧タイプの架線柱がいっぱい…



kasentyu.png
勝手に分類してみた
①のタイプが肥薩おれんじ鉄道なんかに現存している旧型のやつ
1960年代~70年代に電化された路線に設置されていたらしい
国鉄時代の山陽線なんかもこのタイプの架線柱が元々は設置されていたようだが
現在は②や③のタイプに置き換えられてしまっている
九州島内でもかつては鹿児島線荒尾以南で①タイプがかなりの数残っていたが
ここ10年くらいの間で置き換えられてしまったようでJR九州からはたぶん消滅
肥薩おれんじ鉄道管内に残るのみとなった
ちなみにおれんじ鉄道以外では函館本線深川~旭川間でも現存を確認

②のタイプ
たぶん70年台終わり~90年台初頭に電化された路線に設置
全国各地で見られる

③のタイプ
90年代終わり~現在
JR九州では絵のタイプだが会社によって若干形状が異なっている

どれだけの人が分かってくれるのやら



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR