2日目その1 高雄からDC自強号で枋寮へ★初めての台湾鉄道旅


2日目
本日の予定
高雄→台東→花蓮


20161223 (1)
朝9時ごろの高雄駅
線路を地下に移設する工事中のため駅舎は仮設のもの
人口270万人の大都市の玄関口の割には人通りが多くない

20161223 (3)
雑然とした駅前
市の繁華街からは割と離れてるんだろうか
道の向こうのでっかいシルエットは阿部野橋のビルよりも高い
高さ348m!の「高雄85」
wikipediaを見ていたら空きフロアが多いとの記述
あまり上手くいってないようだ

20161223 (2)
仮駅から見て高架道路の向こう側には日本統治時代の旧駅舎が保存されている
線路地下移設後はここら一帯に立派な駅前広場が整備されるらしい

20161223 (4)
駅舎内で台湾の駅弁である「台鐵弁当」を購入
独特の味付けが特徴的で正直あまり旨くはない
どうも八角が合わないようだ

20161223 (5)


20161223 (6)
地下工事中の為ホームまでは跨線橋を多少歩くことになる
なんか富山駅みたいだなあと思っていたら

20161223 (7)
跨線橋にぶら下がっているこの発車標
富山駅のやつに激似じゃないか
写真が手元になさそうだし検索しても良く分からないから思い違いだったら申し訳ないけど
少なくとも日本のどこかにはほぼこの感じの発車標があるはずだ
こういうのを見るとほんと日本の鉄道に近いんだなあと思う

20161223 (8)
高雄駅構内
古レールを組んだ上屋も一部に現存
雰囲気はまんま一昔前の日本の主要駅
もしかすると日本統治時代からのものかもしれない

20161223 (9)
軽快気動車のようにも見えるけどこれが特急
南廻線は途中から非電化区間となるためまだまだDC特急が活躍中
9時35分発の台東行自強号307次に乗る
九州に無理やり例えると特急きりしまです

20161223 (10)
途中渡ったでっかい川

20161223 (11)
広い河川敷にはボロボロになった鉄道用と思われるトラス橋が転がっていた
災害かなんかでやられたのをそのままにしているようだ

20161223 (12)
9時59分
高架化工事中の屏東駅に停車
電化区間も徐々に延伸されるなど近代化が進行中…

20161223 (13)
ヤシ林の中を高架橋で突っ切る
日本では確実に見れない光景だ
どこまでも続いているようにも見える
栽培でもしてるんだろうか

20161223 (14)
10時35分 枋寮駅に到着
九州で無理やり例えると都城とかその辺の感じだろう


20161223 (17)
この駅からはまだまだ現役
旧型客車の鈍行に乗り移動…
詳しくは次回




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR