2日目その5 台東駅で撮り鉄 ★初めての台湾鉄道旅


2017109 (3)
キョ光号

2017109 (4)
プユマ号


2017109 (5)
台東駅以南の南廻線は大部分が非電化
ということで台東駅をまたいで運転される客レはこの駅で機関車を付け替える
機関車の他に電源車も駅構内を行ったり来たり
昔の日本の主要駅もこうだったはず

2017109 (6)
台湾は50年も日本の統治下にあったから昭和の日本はこうだったんだろうなあと思うような光景も
鉄道施設含めいろんな見ることができる
今でも日本の影響は芸能や文化などでも相当強いようで日本文化に染まってしまった客車列車も停車中
2017109 (7)
オリジナルのキャラクターだそうな


2017109 (1)
台東駅の駅舎
特に変わったとこはない立派なコンクリの駅舎
ただ駅前広場を工事でもするのか駅前には囲いがしてあった

2017109 (2)
ロータリーから駅前通りを見る
中心部から離れた場所に駅が位置しているためがらんとしている
交通量もほとんどゼロ

2017109 (9)


2017109 (8)


2017109 (10)
またまた萌えキャラ客車が停車中
絵柄は同じだがちょっと前に撮った萌え客車はもう発車しているので今停車しているのは違う編成となる


2017109 (11)
萌え客車は複数編成存在しているようだ
そんなに台湾の人は萌えを求めているのかね

2017109 (12)
さよなら

2017109 (13)
また弁当を食べる

2017109 (14)
もしかしたら旨いかもしれない…とわずかながら期待を抱いていたがやっぱり不味い
見た目だけ見たら甘辛くてすごく旨そうな肉に見えるが実際は八角?が効いている

2017109 (23)
駅構内をぶらつく犬
野犬化と思ったが首輪をしているので駅で買われているんだろうか

2017109 (22)
ゲージに入れられた犬が目の前を通過
それを見つめる野犬
この後ゲージ犬の飼い主は駅員に呼び止められなにか揉めていた
手荷物料金を払ってないとかそんなとこだろうか

2017109 (15)


2017109 (16)
側線
瑞芳駅と同じように車掌車や無蓋車が留置されている

2017109 (17)
10月も終わりなのに気温は35度
亜熱帯ではなく完全な熱帯なので秋は存在しない

2017109 (18)
今日は普快車の運用に入らなかった両開き2ドアのインド製客車も留置

2017109 (19)
これも普快車用客車だろうと思っていたがよく見るとヘッドライトとテールライトが付いている
貨車に阻まれよく見えないが多分キハ20のような見た目のはず
wikipediaを漁ってみると詳細は分からないもののどうも過去に使用されていた日本製気動車のようだ


2017109 (21)
プユマ号とキョ光号


2017109 (20)
最新型の電車特急と手動ドアの客車列車が共存しているというのがこの国の面白いところ
今が過渡期なのは間違いないが
いったいいつまでこの光景が見られるのやら


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR