2日目その7 夜は真っ暗?旧型客車 ★初めての台湾鉄道旅

その6へ

クロームの調子が悪いんでIEでブログを書いているが

右側に微妙にスペースが空くのが妙に気になる

まあそれはいいとして旅行記の続きです


20170116 (22)

行きと同じく枋野信号場でしばらく停車

車軸発電で車内の電気を賄っているらしいので長時間停車の際には車内のほとんどの照明が消える

車内はほぼ貸し切りということでなかなか雰囲気はいいが

もしトイレに入っているときにこうなったらと考えると恐ろしい


20170116 (23)



20170116 (24)



20170116 (25)

18時20分 定刻にファンリャオに帰って来た

旧客の旅はこれにて終了

予想以上に素晴らしい旅だった


20170116 (26)

18時30分発の莒光号705次台東行で台東へ引き返す

今晩の宿は花蓮

まだ先は長い

20170116 (27)

キョ光号はこれが初乗車

特急に相当する自強号よりもワンランク下の種別

日本で言う所の急行列車相当だと思っていいはず

車内はリクライニングシートが並んでおり特急と言われても違和感はない

座席指定はしていなかったが座れた



20170116 (28)

この客車は民国68年に製造

西暦に換算すると1979年

去年まで急行はまなすなどに使用されていた14系とだいたい同世代


20170116 (29)

定刻の20時50分より5分ほど遅れて終点台東着


九州で例えると宮崎みたいな位置の台東から大分相当の花蓮までいまから移動

という訳で特急にちりんではなく新左営発花蓮行きの自強号323次に乗る

21時03分 台東発車

20170116 (30)

どっかの駅でハローキティーラッピングのタロコ号とすれ違う

側面はLEDの幕以外ははまんま885系

九州にいるような錯覚を覚える



20170116 (31)

23時39分 定刻に終点花蓮到着

昨日も今日も夜遅くまで動き回っており初めての海外旅行にしては

無茶な日程のような気もしないでもないが

まあ無事に終わって良かった


この後予約していた駅前の宿へチェックイン

3日目へ



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR