3日目その1 タクシーに乗り花蓮駅から七星潭・清水断崖へ ★初めての台湾鉄道旅

2日目へ


旅は3日目

本日の予定

花蓮→???→台北


20170119 (1)

本日の天気予報は曇り時々雨

晴れてたら太魯閣に行きたいなあと思っていたが予想通りの天気となった

微妙な気分でスマホをいじっていたら今日は台湾のキハ58系?的な感じのDR2700型の

復活運転が行われていることを知る

運行経路は台北→高雄→台東

調べてみると今から自強に乗り台北まで行った後高鐵(新幹線)に乗ればどっかの駅で追いつけるようだ

でも台湾でまで車両の追っかけをやり始めたらそれこそきりがないし

正直思い入れもないし…と思うとどうも気分が乗らない

部屋でもたもたしていたらどんどん時間が過ぎDR2700を追っかけるという計画はおじゃん


20170119 (2)

いつまでもホテルでゴロゴロしてるわけにもいかんので9時ごろにチェックアウト

山の方は晴れてるやん

台湾の天気予報は当てにならないとネットでよく見たが本当にあてにならん


20170119 (3)

とりあえず改札までやって来た

が折角花蓮まで来たのに何もしないで帰るというのももったいないし後々後悔しそうだ

ということで駅前を散策することに

日本語が通じるかは分からんが駅前の観光案内所に向かおうとしたら

タクシーの客引きのおっさんに捕まった

ジャパニーズ?ジャパニーズ?と何度も聞いてくる

シカトしとけばいいもののイエスと言ってしまった

そうすると今度はタロコ?だの片言というか単語を並べた日本語でセールストーク

聞いてみるとなんと破格の2100円で太魯閣まで行ってくれるらしい

おったまげた

絶対これ台湾ドルの間違いやろ

メモに2100台湾$? 日本円?と書いて見せたらやっぱり2100台湾ドルだそうな

日本円でだいたい7000円強

2100円と勘違いした後に7000円強となるとかなり割高に感じるが

だいたい相場はこれぐらいのようだ

それなら行ってみてもいいかなあと気が変わる

見事に口車に乗せられてしまった


20170119 (4) 

客引きのおっさんがドライバー

ドライバー仲間に一言二言笑顔でしゃべった後にタクシーに連れていかれる

良い客ゲットしたぜみたいな感じの事を言ったんだろうか


折角なんで日本語の単語&筆談で「清水断崖」と「七星譚」に連れて行ってくれるか交渉してみる

すると+200元払えば二つとも連れて行ってくれるそうだ

2300元で太魯閣+清水断崖+七星譚

まあこんなもんだろ



20170119 (5) 

まずは台湾の有名な景勝地である「七星譚」に向かう


20170119 (6) 

15分もせずに七星譚着

清水断崖方向を見る

晴れていればエメラルドグリーンというのかターコイズブルーというのか

とにかく相当綺麗な色の海を臨めるらしいが訪問時はごらんの様な天気

青空はほぼ見えないということで海もどんより

清水断崖方向は2000m級の山脈が一気に断崖となり海に落ち込む相当険しい地形となっている

このため当然天気も変わりやすい


20170119 (10) 

でもなかなかいい雰囲気の場所

だからこそ晴れてたらもっと素晴らしかったはず…

なんか雰囲気的に親不知海岸とかあの辺と似た感じがしないでもない


20170119 (9)

近くに花蓮空港があるため頻繁に戦闘機が頭上を通過

かなりの爆音だ


20170119 (8) 

風が強いので陸側を見ると青空が広がっていた

そっちじゃなくて海側が晴れてほしいんだけど風は海側から山側へ吹き付けているので

海上は当分晴れそうにない



20170119 (11) 

続いては清水断崖に


20170119 (12) 

ほんとはこれよりもう一つ向こうの展望ポイントに行きたかったが

この天気だとどこで見ても変わらんだろう



20170119 (13)

続いては本日のメインディッシュ

太魯閣渓谷へ…



続く

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR