菜の花が咲く池田湖&開聞岳・枚聞神社・開聞駅・せびら自然公園

鮮度が腐ったようなネタばかり投下してるんで偶にはそこそこタイムリーなネタを上げることにする
1月半ば
晴れた日の午後
ワンルームの自宅でごろごろしていたが急に出かけたくなったので
原付50ccを飛ばして菜の花が見ごろらしい池田湖へ向かう
鹿児島市内からから距離にして45キロほど
16時10分過ぎに到着
20170208 (2)
池田湖と開聞岳
西日が差していい感じ
撮るにも見るにもこのぐらいが一番いい時間帯のようだ

20170208 (3)
引く

20170208 (7)
菜の花畑はこんな感じ
意外とというかかなり規模が小さい
観光客の数もそこそこ
中国か台湾からのやってきたらしい客もちらほら
こんなマニアックな観光地を巡るとはよほどのもの好きだ
レンタカーで来たんだろうか


20170208 (4)
しょぼいんだけど菜の花も池田湖も開聞岳も綺麗です
マスクを外すと甘い香りも漂っていた

20170208 (5)
池田湖の水面を除くと魚の群れ
イッシ―ではないはず

20170208 (6) 
土産物屋の敷地内にはイッシ―の像
こんなのおるわけないやん

201720801 (1)
土産物屋の中
便所のすぐ前にはオオウナギの水槽
場所が場所でカメラを出して撮るのも気が引けたのでこれとした1枚はスマホで撮影

201720801 (2)
オオウナギ
目は濁っているしなかなか体調が悪そうだ
こんなとこに置かれてるから無理もない
調べたところによるとオオウナギは鰻とは別種で味も鰻よりも旨くないらしい


20170208 (8) 
県道28号を南下
平地まで降りてきた
道路沿いには田んぼ一面菜の花畑
まだ満開ではないものの後ろには開聞岳が聳えておりなかなか綺麗だ


20170208 (9)
さらにちょっと進むと枚聞神社
枚聞と書いて「かいもん」と読むのかと思ってたが「かいもん」ではなく
「ひらさき」と読むらしい


20170208 (10)
これが2017年の初もうでとなった
おみくじを引くと中吉だった
まあ無難でよかった

20170208 (14)
神社から数百メートルの距離にある開聞駅も訪問
過去2度列車で通ったことがあるが駅を訪問するのはこれが初
原付で訪問するのは邪道な気もしないでもない
後ろの林から顔を出している山は開聞岳

20170208 (11)
ホームは1面1線の棒線駅


20170208 (12)
駅名標

20170208 (13)
時刻表

日没までまだ少しかかりそうなので家に帰るのではなく国道226号を枕崎方面に進む
20170208 (15)
国道を4キロほど爆走してせびら自然公園着
自然公園とかいう仰々しい名前がついているが実質的には展望台みたいなかんじ
せびら国道展望台という名称じゃだめだったのか
開聞岳から視線を右にずらすと水平線にはうっすらだが山影らしきものも見える
竹島か硫黄島かその辺の小さい離島か屋久島が見えていたのかはしらないが
とにかく離島が見えた

20170208 (16)
開聞岳とは逆側
砂浜がどこまでも続く

20170208 (17)
せびら自然公園からちょっとだけ鹿児島側に進んだところにも駐車スペースがある
その近辺から見た開聞岳

20170208 (18)
砂浜
その後国道を60キロほど鹿児島側に走り自宅に帰ったそうな
クソ寒かった
今地図を見ていると開聞駅とせびら公園の間には入野駅という小駅もあったらしい
開聞駅と同じく国道の直ぐ近くということで帰り際によればよかったと後悔中
正直駅の存在すら知らなかったがこちらも開門駅とよく似た棒線駅
暖かくなったらそのうち訪問しよう
終わり


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR