4日目その5END 台湾高鐵に乗り桃園空港へ★初めての台湾鉄道旅


よう飽きないもんだなあと自分でも思うが台北駅に戻ってきた後も
しばらくホームに留まって次々にやって来る列車を眺めていた
20170213 (91)
18時50分前 水色に塗られた復興号客車が入線

20170213 (90)
電光掲示板には「専車」の文字
列車が到着するとホームに待っていた大量の子供たちの団体が乗り込み始めたので
この子らが貸し切った団体専用列車らしい

発車シーンを撮っていると驚きの光景が…


乗り遅れた子供数名が手動ドアを開けて無理やり乗ろうとしている
結局駅員と車掌がすぐさまそれに気づき列車は急停止
数秒停車し乗車が済んだら何事もなかったかのように宜蘭に向け発車していった
日本では確実に見ることができない光景だけになかなか面白い
流石の台湾でも動いている列車に乗ろうとするのはアウトの様だ

20170213 (95)
大勢の人がたむろっていた台北駅コンコース

20170213 (93)
台北駅近くに展示してあった謎の車両
多分日本統治時代のディーゼルカーのはず

20170213 (94)
夜の承徳路
ネオンが煌びやかに光ってるのを期待してやって来たが結果はごらんの有様
日曜だからか消えているネオンも多い

20170213 (96)
台北駅コンコースの一角には日本の鉄道に関するコーナーが設置
かなり規模もでかい
おそらく姉妹鉄道になった鉄道会社を紹介しているはず

20170213 (97)
西武ライオンズのマスコットや

20170213 (98)
大阪駅を紹介するパネルに

20170213 (99)
京急×台鐵物語まで
物凄い力の入れようでビビる

20170213 (100)
再三紹介しているがいろんなとこに日本語や日本企業の広告が溢れている
ここまで日本文化が氾濫しているしているとは思わなかった
考えたら50年も統治されていたわけだからそうなるか
これがよその国に統治されるということなんだなあと思うとなんともいえない
他の近隣諸国とは違い比較的日本の事を好いててもらってるようなので
いつまでも良好な関係を保ってもらいたい

20170213 (102)
台北からは台湾高鐵にちょい乗りし桃園を目指す
所要時間は20分ほど
お値段約650円

20170213 (103)
桃園駅に到着

20170213 (104)
コンコースはぴっかぴか

20170213 (105)
駅舎を出ると直ぐに

20170213 (106)
桃園空港行きのバスが停車中
バス乗り場がわからなかったらどうしようかとビビっていたのですぐに見つかって良かった
というかよっぽどのアホじゃない限り迷わないはず
バス前の係員にいくらか支払い乗車
こちらも相当安い値段

20170213 (107)
そして桃園空港へ…
出国ゲートから搭乗口までめちゃくちゃ遠かった

20170213 (108)
水分補給のため自販機へ向かうも黒松沙士以外売り切れ
黒松沙士は前にネットか何かで糞不味いとかいう情報を見たような気がする
しかしこれを買う以外に選択肢はないのでボタンを押す
飲んでみると普通にいける味だった
結局台湾現地風味付けで口に合ったものは黒松沙士抱けという結果になってしまった

20170213 (109)
バニラエア
漢字で書くと香草航空
そのまんまの字だ

20170213 (110)
そして関空到着
深夜着ということでベンチで朝が来るまで爆睡
何とも貧乏くさい終わり方だったがこれぐらいの金しか持たない人間でも
海外に容易に行ける時代ということだ
たかが台湾でと言われるかもしれんが正直こんな自分が外国に行ったというのが
いまだに信じられなかったりする

台湾は初めての海外ということでかなりビビっていたが
日本と同じ感覚で旅行できた
考えたら当然か
なんでもっと早く海外に出ていなかったのか今結構後悔中
と言いつつも北海道なんかにも行きたいわけで
これじゃあ時間がいくらあっても足りんやん
次はタイとかそのあたりに行ってみたいなあとか思いつつ
初めての台湾鉄道旅の記事はこれにて終了
おつかれさまでした
END
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR