4日目その7 島武意海岸も積丹ブルー ★にし北海道原付の旅


神威岬から15キロほど離れた島武意海岸へと向かう
20170310 (1)
国道229号を進む
写真右側が229号のトンネル
海側をふと見ると

20170310a.jpg 
あれも廃トンネルの様だ
緑に覆われたとこにも廃トンネルなのか穴が開いている
江戸時代か明治時代かそのあたりに彫られたものなのかもしれない
アイヌがトンネルを掘るイメージが無いから和人が入ってきた後にできたものなのかもしれん
自分でもなんかよく分からんわくわくした感情に包まれながら根拠のない考察をやったりしたから
本職の廃道マニアには堪らない地域のはず

20170310 (2)
15時08分
島武意海岸の駐車場に到着
混雑してるだろうなあとは思っていたが予想の5倍ぐらい混んでいてビビる
駐車場はぎっちり満員なので適当な場所に原付を停める

20170310 (3)
大勢の観光客に混ざりながら島武意海岸へ
神威岬と同様に2012年に一度訪問したものの曇天雨天のため再訪した次第

20170310 (4)
人の背丈ほどのトンネルに入る

20170310 (5)
トンネルの向こうは

20170310 (11)
島武意海岸!

20170310 (6)
こちらも青い!

20170310 (7)
青いんだけど神威岬のあの海の青さを見た後だったんで
ああ青いなあぐらいのもん
見惚れるほどの感動ではなかった

20170310 (9)
長い長い階段を下り海辺まで降りてきた
海水浴客もそこそこいるんで普段だったら冤罪防止のため絶対にカメラを向けないんだけど
今日は自分以外にも大勢の海水浴客ではない観光客が記念写真を撮ったりカメラを向けたりしてたのでこのように記録に残すことができた

20170310 (8)
特徴的な色の崖
ちょっと上の方から見たらこんな感じ
火山地帯みたいな色をしている

20170310 (10)
透き通ってはいるが上からではないと青さはわからない
石ころだらけの海岸で海水浴なんて本土の人間はまずやらない

20170310 (12) 
その後駐車場に引き返し駐車場側トンネル脇から延びる遊歩道を歩くことに

20170310 (13)
クマ出没注意
恐ろしいが自分の周りにも何人か人がおるので大丈夫なはず
それにしてもスズメバチかアブかとにかくブンブンブンブン虫が飛びまくる
手で追い払うと刺されそうで怖いが必要に体の周りを周回しながら飛ぶ奴もいたりするので
追い払わざるをえない
たぶんこういう行動をとる虫はアブのはず
しかし9割方はアブの様だけど偶にガチな蜂も居たりして本当に恐ろしい

20170310 (14)
10分ほどそんな地獄のような道を歩くと灯台が見えてきた

20170310 (15)
展望台らしきものも

20170310 (16)
眺めは…
遠景は良いものの草が生い茂っていて真下が見えないのが本当に残念


20170310 (17)
こちらも海は青い
遊歩道はこの先も続いており女郎岩などという奇岩もあるらしいけど
おそらく往復で1時間以上かかるはず
こんな中進むのは御免なのでここで引き返す

20170310 (18) 
また虫にまとわりつかれながら16時ごろに駐車場に帰還
ぶっちゃけさっきの展望台はいかないほうが良かった
16時05分 駐車場を出発
この先札幌方面美国あたりでも海を眺めるつもりだったが時間的に厳しいので
もう一度神威岬に引き返すことにする





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR