2013夏 青春18きっぷで行く角島日帰りの旅その3 牧崎

その2へそのあと島の南側の道を海沿いにしおさいの里角島を目指し進む
tunosima (29)

1年前に雨の中レンタサイクルで回ったので大体道はわかる
オレンジ色のガードレールが山口県らしい
交通量も少なく散歩コースには最適だが真夏なんで物凄く暑い
途中の入り江には山の様にゴミがたまっていて驚く
tunosima (30)

牡蠣殻付きの謎の瓶が防波堤に置いてあった
tunosima (31)

水がきれい
萎えた気分も徐々に復活してきた
tunosima (32)

ぼけーっと海を眺めていたら危うくしおさいの里を通り過ぎようとしていた
海士ヶ瀬公園から1時間ちょいでしおさいの里角島に到着※↓写真は夕方撮ったやつ
tunosima (50)

駐車場はほぼ満車状態で横の海水浴場も人だらけ


道の駅の様だが道の駅ではないらしい

ここは食事処にレンタサイクル、真横には海水浴場もある角島観光の拠点とも言っていい場所だと思う
ココでふく天丼(800円)を食う
tunosima (33)

14時半過ぎと半端な時間だったんで食堂はガラガラだったがもう少し早かったら相当混雑してたと思う
若干量は少なかったものの衣もサクサクしててうまかった
腹を満たした後はレンタサイクルを借りて島の観光地を巡ることにする
去年と同じく牧崎→角島灯台の順に島を東から西へ横断する


14時40分過ぎにレンタサイクルを借りる
tunosima (34)

レンタサイクル貸出の立派な建物にはだれもいなかったんで張り紙に従い売店から人を呼んで貸しだし手続きをやってもらう
料金は2時間まで200円、その後は1時間ごとに100円加算と非常に安い
1年前と同じく下関市長あての誓約書だかなんかを書いていよいよ出発
市町村合併のおかげで?こんなとこまで下関市だ

相変わらず混雑する駐車場を出発して島の南側の数十分前に歩いてきた道を逆向きに進む
県道276号を潜り急坂を一気に下ると14時55分 ?港に到着
tunosima (35)

場所は角島大橋のすこし北側
特に何もない港で名前も忘れた
角島大橋が眺められたしそこそこ綺麗だったが写真で見ると大した風景ではなかったようだ

そのあと物凄い急坂を登りまともな道に合流して再び上り下りを繰り返す
tunosima (36)


下りはともかく上りは漕いで登れなかった
暑いし熱中症になりそうだ
長いい下り坂を下った後は林の中の細い道を進む
tunosima (37)

物凄く見通しが悪いし調子に乗って飛ばすと対向車と正面衝突しそうだ
小型車どうしでの離合も苦労しそうだ

景色が開けたらもうすぐ
tunosima (38)


そんな道を進んで15時14分牧崎の駐車場に到着
別に何もないしそこまで絶景っていうわけでもないが観光客はほとんどいないので時間が余ったら来るといいかも
駐車場からは草原の中を進む
バッタかイナゴが山のように飛んでいる
密度がすごい
虫嫌いの人はたまらんだろう
5分ほど歩くと牧崎の先っぽに到着
tunosima (39)

看板以外にはやっぱり何もない
草原の遊歩道をぶらぶらしたあと15時40分ごろに駐車場を出発
tunosima (40)

その4へ続く


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR