1日目その3 内湾老街と内湾線 竹中で乗り換え新竹へ ★2度目の台湾旅行記


吊り橋を渡った後は内湾老街を歩く
客家の街らしい
20170628 (60)
内湾戯院と書かれた建物
この老街のランドマーク的存在のようだ
どう見ても日本家屋だし日本統治時代のものだろうと思っていたが
調べてみると向こうで言う光復後の1948年に建てられたものだそうな
建物の中をちょっと覗くと予想通り土産物が売ってある感じで特に一人の人間が
見るものはなかった

20170628 (61)
そのすぐ近くの裏路地が

20170628 (62)
いい感じ
中華圏らしく?壁などにはレンガが積まれている
日本のようでやっぱり日本じゃない

20170628 (63)
よくわかんないものを売る店

20170628 (64)
尻型の椅子
なんでババアをモデルにしてしまったんだろうか
            
20170628 (65)
廣濟宮

20170628 (66)
まあ何かを祀っているんでしょう
20170630.jpg 

20170628 (67)
この辺の建物は日本統治時代のものだろうか
そもそも台湾の「老街」は日本統治時代かそれ以前の街並が残っている町を
差す言葉らしいから多分そのはず

20170628 (68)
時刻は9時半過ぎ
急に街に活気が出てきた
列車が駅に着いたようだ
店も続々と営業を開始
粽だったり臭豆腐だったりよくわからんお茶だったり
特にオリジナリティあふれる商品は売られていないようだ
まだ体調が回復していないので正直台湾のにおいは体に堪える

20170628 (69)
9時47分発の1811次に乗り新竹へ戻る


20170628 (73)
竹東駅で往路と同じく行き違い待ち
ゆるキャラブームなのか駅舎側のホームにも変なキャラクターのパネルが置いてある

20170628 (74)
10時27分頃
六家線との分岐駅である竹中に到着
列車はこの駅どまり

20170628 (75)
竹中は立派な2面3線の高架駅

20170628 (76)
ここからは六家線からやって来た電車に乗り新竹を目指す

20170628 (77)
10時51分頃 新竹着
内湾線の旅終わり



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR