2日目その1 私鉄風木造駅舎が残る海岸線の談文駅 ★2度目の台湾旅行記


6時前に起床
無線lanが不安定ながらも入るのでスマホでいろいろ調べる
20170719 (1)
テレビを付けると日本凄い
こんなもん海外にも輸出してんのかよ
あと台湾のテレビ画質はどこも荒れに荒れている
何でこんなに悪いのか


20170719 (2)
樹林を7時17分発の高雄行自強号105次で西部幹線を下る

20170719 (3)
8時13分 新竹着

20170719 (4)
8時18分発2513次区間車彰化行に乗り換える


20170719 (5)
この先木造駅舎が残る新埔駅まで下った後に白沙屯駅へ引き返し駅近辺の海岸線を散策
天気が良ければ好望角とかいう展望台にもタクシーに乗って行こうとかいろいろ練っていたが
空はどんより
この先どうしようかと考えていると列車は竹南着
この駅から海岸線に入る
8時44分 一駅目の談文駅に到着
外を見ると
20170719 (7)
こんな駅舎が立っていた
どう見ても日本統治時代からのものじゃないか

20170719 (6)
ということで衝動的に下車してしまった
今日の朝一応各駅の下調べはしたつもりだったけど完全に見逃していた
ヨーヨーカーのIC読み取り機にタッチして跨線橋を渡り駅舎へ…

20170719 (9)
駅舎
幹線道路からちょっと下ったところにあるので正面が撮れないというか
そもそも無いのがちょっと残念
線路側が表と言って良さそうだ
道の反対側から見た駅舎は見忘れ&撮り忘れた



20170719 (12)
駅舎をアップで
大分ガタが来ている
軒下の原付と自転車は定期利用者のものだろうか
雰囲気的には国鉄というかローカル私鉄っぽい感じがする

20170719 (10)
駅舎内

20170719 (11) 
無人駅のため窓口は完全にふさがれていた

20170719 (13)
駅舎横の通路


20170719 (16)
ホーム側通路から駅舎を見る
大分ガタが来ているようで向こう側には立ち入り禁止のテープもまかれていた


20170719 (15) 
跨線橋を渡れよ
スマホにダウンロードした時刻表を見ると8時50分に竹南へ戻る列車がある
この先進むか戻るか考えたが空気の質も悪そうなので台湾海峡を眺めることはあきらめ
思い切って引き返すことにした

20170719 (19)
というわけで8時13分発の列車で竹南へとんぼ返り…
駅の滞在時間はわずか6分
次の列車は約1時間後
1時間待つ勇気がなかったから列車に乗ったんだけど
列車が発車してから1時間ぐらいこの駅で待てたやろと猛烈に後悔する
この後の予定は再び白紙に…
それにしてもこの駅舎はいつ建てられたのか日本語で調べても今一つ分からない
駅開業時からのものだったら1922年建築らしいけど
まあ外国の鉄道だし多少謎があったほうが面白い


談文駅で撮った動画
質はともかくとして雰囲気は感じ取れるはず



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR