2日目その2 鶯歌駅で下車し桃園客運バスに乗る ★2度目の台湾旅行記


談文から海岸線を引き返す
20170719 (20)
竹南まで来た
ホームの向こうの留置線には2ドアのずんぐりした車両が停まっている
あれはEMU400型という台湾通勤電車の元祖的存在で現在は運用を離脱している
というまでの知識はあったものの竹南に現在も留置されているとは知らなかった
降りて写真を撮ろうかとも思ったがやっぱり下車する勇気というか気力が湧かなかったので
車内から撮っただけで終わり

20170719 (21)
新竹駅まで戻って来た

20170719 (22) 
EMU300型とまたまた遭遇
新竹から再び区間車に乗り鶯歌で下車

20170719 (23)
10時30分頃 鶯歌着
この駅からバスに乗り三峡老街へ向かうことにする

20170719 (24)
駅構内は2面2線
駅舎は橋上駅舎

 20170719 (25)
貨物扱いがあるのかスイッチャーが停まっていた
保線用かもしれない

20170719 (27)
大幹線

20170719 (31)
スイッチャーが停まっているのと反対側の留置線にはボロボロの有蓋車と旧客もどきが留置中

20170719 (30)
保線の職員輸送用とかそんな感じなんだろう

20170719 (29)


20170719 (32)
改札
多分自動改札機は日本製
雰囲気は100%ニッポン

20170719 (33)
コンコースの店の看板にはでかでかと旧型ドラえもんとミッキーマウスが掲示
確実に無断使用だ
この後改札横のパン屋でパンをいくつか買って朝食をとった記憶がある
パンまでもパクチー八角の味が効いているとかそんなわけはなく日本と同じ
味だったのでほっとした

20170719 (35)
北口?はこんな感じ

20170719 (34)
駅前

20170719 (36)
南の空を見るとやっぱりどんよりしている
昨日海線を通った時もやっぱりあの近辺はどんよりしてたから
雲が湧きやすい所なんだろうか
まあ8割がた偶々だとは思うけど

20170719 (39)
南の方の駅舎
橋上駅ということで北側となんも変わらない

20170726.jpg 
追記だけど駅入り口のモザイク画が中々可愛い

20170719 (37)


20170719 (38)
駅前から道を渡って反対側の店の軒先にバス停がある
この直ぐ近くにしゃがんで待っていたら10分ほどでバスがやって来た
が停車してくれずに見事にスルーされた
台湾のバスは停まってくれないこともあるらしい

次のバスを待つ以外にやることは無いので次のバスを同じ場所で待つ
逆方向の桃園行きのバスは駅前広場で乗降を行っていた
乗り遅れそうになった爺が大声で叫んでバスを停めていた
自分もこうすればよかったかもしれない


20170719 (40)
バス停には15-20分一班と記載されている
多分15~20分毎という意味だろうと思っていると
20分ほどしてバスが到着
バス待ちの他の客は手を上げて運転士にアピール
バスは無事に停車し乗車することができた
今度から台湾で路線バスに乗る際には手を上げたほうが良さそうだ



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR