2日目その7 猫だらけの猴硐駅 ★2度目の台湾旅行記


20170801 (1)
胡椒餅を食べた後、17時過ぎの平渓線直通区間車に乗り猴硐(ホウトン)を目指す

20170801 (2)
隣の駅なので数分で到着
駅は2面4線
もう日も暮れているのに多くの乗客がこの列車の到着を待っていた
大部分が観光客のようだ
ということはこの後十分でランタン飛ばしでもするんだろう

20170801 (3)
改札付近 
早速猫がお出迎え

20170801 (4)
うろうろ

20170801 (6)
窓口のカウンターにジャンプ

20170801 (5)
かわいい
猫の話です

20170801 (7)
シャッターチャンス

20170801 (8)
橋上駅舎のベランダから駅前を見下ろす
観光客目当ての土産物屋が数件並んでいる
もうほぼ日も沈んだがまだそこそこの数の観光客でにぎわっていた
20170801 (10)
駅舎

20170801 (9)
駅前の突き当り右側には選炭場の廃墟が残されている
もう暗くてよく分からん…

20170801 (11)
そのすぐ横には清流?基隆河の流れ
写真左の石畳の上には猫が鎮座

駅に戻ってきた
20170801 (12)
バス停

20170801 (13)
こちらも橋上駅1階部分
猫が描かれた緑色のポスト
なんか消印が特別だったりするだろうか

20170801 (14)
自由通路を通り線路を超えて山側へやってきた


20170801 (15)
山に張り付くように立つ住宅街も猫観察スポットとして有名
ただ時間が時間ということでもう閑散としていた

20170801 (16)
しかし猫は当然いる

20170801 (18)

自由通路を引き返しまたまた駅前の選炭場付近
20170801 (20)
守衛室てきな中をのぞくと猫が寝ていた

20170801 (19)
野良犬も寝ている
完全に真っ暗になってもまだ猫を撮る人間が十人ほどいたが
犬はほったらかされている
なんかかわいそうなので写真を撮った

ちなみに駅前の飲食店が野良犬に残飯を恵んでいるシーンも目撃
もしかすると扱いは飼い犬なのかもしれない

20170801A (1) 
18時ごろ
駅舎に戻るともう窓口は閉まっていた

20170801A (2) 
猫も休息中
この適当な感じが台湾らしい
写真を見て気づいたがこの猫は今日最初に出会った猫のようだ


20170801 (22)
さあ戻ろう

20170801A (3) 
莒光号に乗り

20170801 (23)
19時ごろ 台北へ戻ってきた

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR