9日目その2 能取岬と澄み切ったオホーツク海 ★台風襲来道東の旅


道道76号を進み上りのピーク付近で能取岬への道が分岐
20170809 (12)
右折し緩い下り坂を漕がずに下ると森の向こうに青い海と灯台が見えてきた

20170809 (13)
超有名(だと思われる)能取岬へ続く道
後ろが林ということでぶっちゃけ思ったほど広大な感じではなかったけど
普通に良い

20170809 (24)
1枚ぐらいレンタサイクルを入れて写真を撮っておけばよかった
下り坂なのが余計に素晴らしいが帰りのことを考えると気分も冷める

20170809 (14)
11時35分 網走駅から約1時間で能取岬到着
距離は約12キロだそうな
中国映画のロケ地になってるそうで中国語の案内看板もあちこちに建てられていたが
台風通過直後だからか中国人の姿はなし
観光客もまばら

20170809 (15)
海は濁りまくっていたらどうしようかと思っていたが
この辺りには流れ出る河川がないためか透き通ったオホーツク海を見下ろすことができた

20170809 (16)
積丹や礼文など日本海側の異様なまでに鮮やかな海というわけではないが
この淡い感じが道東らしくて良い
上り坂はきつかったが疲れも吹っ飛ぶ

20170809 (17)
遠くを見る
砂州的な物の向こう側の湖面は網走湖

20170809b (2)
さらに遠くを見る
水平線付近
陸側から沖合へ相当長い距離にわたって茶色い帯が出来ていた
地図でその方向を見ると約10キロ離れた場所に常呂川の河口があることが判明
おそらく増水した水とともにかなりの量の土砂がオホーツク海に流れ出ているようだ
この3日後にはとうとう常呂川の堤防は決壊
オホーツク海もこの日の比じゃないぐらいに相当な範囲が茶色に染まったはず

20170809 (20)
逆側を見ると知床連山の山影が見える

20170809 (19)
断崖の上に立つ能取岬灯台

20170809 (18)
見る場所によって海の色も微妙に違っていて
なかなか面白い
何枚か上の写真の場所よりもここからの眺めのほうが個人的には好きだ

20170809 (23)
大正6年に作られたそうな

20170809b (1) 
奇岩が生えてたりもする

20170809 (21)
オホーツクの塔
景色に夢中になっており写真を撮ったぐらいの記憶しかないが
この像の人物は漁民らしい
アイヌかなんかだと思ってた


20160818網走 (157) 
草原山側の鉄柵か電気柵で囲われた場所は放牧エリア

20160818網走 (159) 
牛もいるし

20160818網走 (162)
馬もいる
豚はいなかった


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR