FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2日目その6  北京城東南角楼から行きかう列車を見下ろす ★初めての大陸(北京編)


20171012北京城 (2)
北京駅から徒歩15分ほどで北京城東南角楼に到着
この場所は線路のすぐ横

20171012北京城 (3)
ということで石垣の上は行きかう列車を見下ろせる絶好の撮り鉄ポイント
入場料を払い入場

20171012北京城 (4)
階段を上ると

20171012北京城 (5)
こんな感じ

20171012北京城 (26)
この東南角楼は1400年代に建築されたらしいとても歴史のある建物

20171012北京城 (27)
まあそんなことはぶっちゃけどうでもいい

20171012北京城 (28)
大砲

20171012北京城 (45)
向こうを見ると北京駅

中国鉄路総公司の駅に乗り入れている路線は、線路名称上は京滬線・京哈線・北京地下直径線の3路線が乗り入れており、いずれも当駅が起点である。中国各地方面の列車の他、モスクワのヤロスラフスキー駅行きK3/4次列車及びボストーク号、ウランバートル駅行きK23/24次列車、平壌駅行きK27/28次列車といった国際列車も発着している。wikipedia
ちなみに8面16線だそうな
普通に写真が撮れればどんなによかったか

20171014pekin.jpg 
さっそくDLが無動力のEL3両を引っ張ってきた

20171012北京城 (41) 
4重連ともなれば日本ではなかなか見られない光景
ほとんどが客車列車だしこのあたりでは割と普通なんだろう


本日の撮り鉄をまとめた動画

20171012北京城 (46)
ボロそうなDLも登場
前面にはヘッドマークというか装飾を付けている

20171012北京城 (11)
中国おなじみ真緑に黄のラインの客車

20171012北京城 (12)
ひっきりなしにやってくるわけではないがまあそこそこの感覚でやってくる
推進運転での回送列車も多い
各路線発着時刻が同時に設定されていることが多いのか
同じタイミングで2~3列車同時にやってくることが頻繁にあった

20171012北京城 (14)

20171012北京城 (16)
20分ほどで撮影を切り上げ超巨大な駅舎が立つ北京西駅の見物に向かおうかなあとも思っていたが
予想以上にこの場所が面白かったためしばらく滞在することに

20171012北京城 (17)
行きかう列車は長編成ばかりではなく客車1両を引き連れた入換中の機関車や
重連機関車の回送もやってくる

20171012北京城 (18)
鉄道雑誌で見たことのあるDLの東風4D型
中国の定番機関車みたいなイメージを持っていたが割と数を減らしているらしい
ちなみに後ろにはパンタを上げたELと重連運転
その後ろには十数両の緑色の客車を連結していた


20171012北京城 (19)

20171012北京城 (20)
中国高速鉄道CRH5型
最高速度は250キロ
20171012北京城 (21)
フランスのアルストム社の技術を使ったらしい
連結運転をやっていた
ボンバルディアやドイツICE、それにJR東日本のE2系から技術を持ってきた車両も見たかったが
滞在中にやってきた高速鉄道用車両はCRH5型だけ
北京駅にはこの車両しかやってこないんだろうか


20171012北京城 (42)
北京駅とは逆側を見ると線路が3方向に分かれている
右が上海へと続く京滬線
左がハルビンへと続く京哈線
中央で右奥にカーブする単線はたぶん行き止まり
上海とかハルビンとかいう地名が出てきたり
さすが中国スケールがでかすぎる

20171012北京城 (43)
ごくまれにやってくる白と青の塗装
10数年前の鉄道ジャーナルで新型客車として掲載されていた記憶がある

ワカイ号pekin171012 
さっき見た東風4D
今度はELに引かれてどこかに回送されていく
北京で一番よく見た機関車は右のHXD3C型機関車
高速鉄道と同じく和諧と書かれている



北京石家荘20171012 
この列車はなんと2500キロ以上離れた昆明からやってきたらしい
石家庄からの列車と途中で併結したんだろう
と思ってみたがよく見ると行き先案内はサボではなくシール式のようだ
とするとこの客車は北京~石家庄or昆明間の限定運用なんだろうか
この列車が結局どこから来たのかすら謎だけど
それはそれでおもろい

wakai00220171012.png 
客車の塗装は3種類しかないし電気機関車も新型のこのELが大半
さすがに飽きてきた
1時間半もいたから当然そうなるか


20171012北京城 (30)
15時前に東南角楼を後にする
去り際に石垣を撮ったが意外と適当な作り
地震が来たらえらいことになるのは確実

20171012北京城 (31)
鉄橋でも列車と遭遇

20171012北京城 (33)
東風4号?の色違いもやってきた
この場所での撮影もなかなかよさそうではあるがもう1か所行く場所があるので
切り上げ地鉄の北京駅へ

20171012北京城 (35)
戻るつもりでいたが途中で建国門駅を発見
ここから地下鉄に乗車し前門へ向かった

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。