FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2日目その7 北京前門大街を歩く ★初めての大陸(北京編)


気づいたら一週間以上更新していなかった

20171019北京 (1)
北京地下鉄2号線 前門駅で下車
下車するといきなりこの景色
道路を挟んで北側には正陽門


20171019北京 (2)
そして南側には前門

20171019北京 (3)
前門の石垣越しにやけに人通りが多い通りが見える
これが前門大街のようだ

20171019北京 (4)
ロータリーをぐるっと回り前門の正面へむかう
すぐ脇には中国鉄道博物館の正陽門館も立地
この建物は旧北京駅舎だそうな
とすると移築して持って来たんだろうか

中国鉄道博物館 
鉄道車両はここではなく北京郊外の東邦館に展示してあるそうな

20171019北京 (6)
前門を正面から

20171019北京 (5)
前門大街

北京オリンピックに合わせて、前門大街では大規模な再開発が行われた。2004年に事業を開始し、2007年5月9日に前門から珠市口(中国語版)までの区画で工事を開始、2008年5月28日に完成、オリンピック開幕前日の8月7日に一般開放された。wikipedia

そういえば北京オリンピックの前に日本のテレビでもここの映像を見たような気がしないでもない

20171019北京 (7)
路面電車も走っている

再開発の目玉として、1924年から1958年まで運行されていた路面電車が再現され[2]、2009年1月1日から正式に営業運転を開始した[4]。
新たに再現された路面電車は路線開業当時の車両を模しているが[4]、最新式の電気二重層コンデンサを搭載した充電式車両で、架線を必要としない[5]。1両編成で運行され、約800メートルの区間を時速5キロメートルで片道約10分間かけて走行する[1]。(wikipedia

なるほど…

20171019北京 (10)
前門と路面電車

20171019北京 (8) 
2枚上の写真を見ればよくわかるように路面電車は複線となっている
ただ上下線では分けられておらずこの日は片方の線路を1両が行ったり来たりしているだけだった
もう片方の線路の前門側終端には同型の路面電車が留置されていたが車両数は2両だけなのか
それとも南側終点には車庫みたいなものがあるのかなど詳細は不明
乗ってみても良かったが運賃がいくらなのかもわからなかったんで見るだけ



20171019北京 (11)

20171019北京 (12)
東へ延びる通りへ入ってみる

20171019北京 (13)
飲食店が立ち並ぶ
小籠包を食べたかったがぼったくり価格だったのでスルー

20171019北京 (14)
阿拉伯大うんたらかんたら
謎肉が10元で4串
日本円で400円弱

20171019北京 (15)
日本とあんまり変わらんような値段でお得感はないがこの通りにしては割と安かったので買ってみた
漢方みたいな臭いと味の香辛料が効いていて肉の味自体はよく分からない
グーグルによると阿拉伯はアラビアらしい
たぶん羊の串焼きだとは思う
さすがに犬とか猿とかではないはず

20171019北京 (16)
続いては大街から東に延びる通り
この通りは特別人通りが多い

20171019北京 (19)
凝った装飾の建物が立ち並ぶ
都会の真ん中にこれだけの規模の街を作れるなんてさすが独裁国家だ

20171019北京 (17)
店の中にもさらに商店街

20171019北京 (18)
招き猫
招き猫って中国が発祥だったのか…と驚いたが調べてみるとやっぱり日本発祥のようだった
目が妙に気持ち悪いのが気になる

20171019北京 (20)
大街に並行して伸びる珠宝市街
プラスチックで作ったようなベコベコの三輪バイクが停車中
こちらは行きかう人もまばらで雑然としている
裏通り感がなかなか良い


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。