FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4日目その5 ターチン川渡船に乗りマハーチャイからバーンレム駅へ ★初めての大陸(タイ王国編)


12時30分過ぎ
そろそろ列車の発車時刻なのでマハーチャイから対岸のバーンレムへ再び移動
予定よりも3時間近くマハーチャイで時間を食うことになったが
駅東側の線路上市場やでっかい寺院も見物できてこれはこれで楽しかった
ただメークロン線市場滞在時間が大幅に減ったのはやっぱり痛すぎる

20171114バーンレーⅯ (2)
写真は午前中に乗った時のもの
午前中の記事の時には渡船の写真を殆ど載せていなかったんで今回載せることにする
マハーチャイ側のりばはこんな感じ
立派な過ぎるのりばとなっている

20171114バーンレーⅯ (3)
桟橋も近代的
割と新そう

20171155ばーんれむ
しかし船は木造でぼろい

20171114バーンレーⅯ (5)
たぶん沈没したら死ぬはず

20171114バーンレーⅯ (6)
運賃は片道3バーツ
だいたい10円

20171114バーンレーⅯ (8)
エンジンも丸見え

20171114バーンレーⅯ (7)
ターチン川を渡る
河口に近いため海側をみると大型船が山のように停泊中
漁船だろうけど何を採ってるんだろうか

20171114バーンレーⅯ (9)
上流側
川幅は数百メートル
ろくに堤防も整備されてないんで大雨と満潮が重なったらあっという間に
付近は冠水するはず

20171114バーンレーⅯ (10)
さすがタイ
金ぴかの仏像

20171114バーンレーⅯ (11)
ロイヤルタイポリスと書かれた船ともすれ違う
オロナミンCの高いやつではなく間にタイが挟まってるんで警察船
皇宮警察的なもんかとおもったけどググるとタイ王国国家警察庁のことだそうな

20171114バーンレーⅯ (12)
ゆっくり進んで10分弱で対岸へ

20171114バーンレーⅯ (13)
到着
桟橋接岸部分は竹かでっかい葦を組んだもので作っていた





20171114バーンレーⅯ (17) 
岸辺の潟にはマッドスキッパーもいる
潟が割と身近なところにあったんで妙に親近感がわく
日本にいるトビハゼの種だろうか
20171114バーンレーⅯ (14)


20171114バーンレーⅯ (16)
午前中この看板を発見してればよかったんだけど

20171114バーンレーⅯ (15)
バーンレム側船着き場はこんな感じ
アーケードというか屋根のかかった商店街を少し歩くと船着き場



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。