FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その9 指宿枕崎線 枕崎駅 ★薩摩半島原付ぶらり旅END

最後は当然枕崎駅
20121221枕崎 (1)

20121221枕崎 (2)
2014年に来た時にはまだこの駅前広場とここに降りる通路はは完成していなかったはず…
と思ってたけど家で写真を見返したらすでに完成していた

20121221枕崎 (3)
駅舎正面から

20121221枕崎 (4)
駅舎内部

20121221枕崎 (6)
駅名標

20121221枕崎 (5)
せっかく駅舎が出来てもなんか軽い感じがするのはホームが仮設感溢れているからだと思う

20121221枕崎 (7)
奥のプレハブはたぶん運転士の待機場所
滞泊は無かったはず

20121221枕崎 (8)
線路終端を望む
ドラッグストアに阻まれて線路はぶつ切り
あまりにもあっけない

20121221枕崎 (9)
マグロが泳いでいる

20121221枕崎 (10)
この駅舎があるときに来たかった
ただ地元の人間からしたら駅舎が残るよりもタイヨーの方が良かっただろうけど

20121221枕崎 (11)

20121221枕崎 (12)
移転後しばらく使われていた駅入り口はフェンスと流しでふさがれていた
さすがに最果ての駅がこれじゃああんまりだということで駅舎が建設されることになったはず

20121221枕崎 (13)
さっきの旧入り口の斜め前に最南端終着駅と書かれたバス待合所と

20121221枕崎 (14)
灯台風モニュメント
昔はこの真ん前に駅舎と駅ホームがあったらしい
駅舎は廃止となった南薩線を運営していた鹿児島交通所有
仮にJR所有だったとしたらもっと違った形になってたんだろうけど…

20121221枕崎 (15)
駅前
前にも書いたが人口2万の小さな町
交通量もまばらでどこか北海道の留萌とかあの辺っぽさも感じた
この後国道225号を通り知覧経由で帰宅
疲れた

ブログを書く前にネットで指宿枕崎線末端区間の駅をいろいろ見ていたら
松ヶ浦という駅が素晴らしいということを今更ながら知る

Matsugaurastation.jpg 
この緑に飲み込まれそうな感じ(パクって良いのか知らんけどwikipediaより転載)
南国情緒あふれる感じがたまらんじゃないか
天気が良くて空気が澄んだ日にはあの木々の後ろに開聞岳の三角形が見えるようだ
たぶんこの日に寄っておけば青空に映える開聞岳も一緒に見れただろうに
本当にもったいなかった
今更いったところで冬枯れ真っ茶色だし卒業できないとか大波乱がない限り
もう鹿児島にいないだろうし
もうこの駅を訪れることはなさそうなのが心底残念
まさに灯台下暗し
ちなみに鉄道で訪問しようとなるとこの辺りは列車本数1日5往復なので相当厳しい

あーあー

JR九州の大減便ダイヤ改正にもショックを受けたし何にもいいことがない
END


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。