FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2日目その9 日豊本線上臼杵駅(大分県臼杵市)★新春東九州木造駅舎詣の旅

20181017kamiusuki (3) 
14時04分
熊崎の隣駅

20181017kamiusuki (4) 
かみうすき

20181017kamiusuki (5) 
大きくカーブするホームは1面1線
築堤の上に位置している


20181017kamiusuki (6) 
駅舎もあるのにやけに立派なホーム上の待合室

20181017kamiusuki (7) 
線路わきには国道10号線
ホームは築堤の上…
本線なのに交換駅だったころの遺構が全くない
wikipediaを覗くとどうも100年前の開業時から駅舎含めてこんな感じだったようだ

20181017kamiusuki (8) 
急な階段を下り駅舎へ
回り道のスロープもある

20181017kamiusuki (9) 
この辺見てると建て替わる前の菩提寺を思い出す
いや雰囲気というか柄杓を見たら思い出しただけの話だけど

20181017kamiusuki (10) 
ベンチに座る
昼寝したい気分に襲われるもさすがに寒い

20181017kamiusuki (11)
ヘドロがたまる小池をのぞき込むとなんと金魚が泳いでいた

20181017kamiusuki (25)  
改札
2015年に駅は無人化
金魚は当時の駅員が面倒を見てたんだろうか

20181017kamiusuki (12) 
駅舎
築100年の木造駅舎も素晴らしいけど
駅舎前に植えられた木の勢いが凄まじい
もう炎上しているんじゃないかと思うぐらいで思わず笑ってしまった

20181017kamiusuki (14) 


20181017kamiusuki (23) 
酒蔵でもないのに車寄せには杉玉がぶら下がっている
もしかして木を手入れした時に作ったんだろうか
駅舎と木の愛されっぷりが伝わってくる

20181017kamiusuki (22) 
謎の立ち入り禁止区画
なんだこれ

20181017kamiusuki (21) 
遠目で
この駅も自転車がいっぱい
学生が主役

20181017kamiusuki (20) 
駅前

20181017kamiusuki (17) 
駅舎内
よく手が入っている

20181017kamiusuki (15) 
落ち着く

20181017kamiusuki (24) 
無人化されたとか書いてしまったけどちゃんと駅長がいた

20181017kamiusuki (26) 
列車を一本見送って14時59分
佐伯行き4535Dで上臼杵駅とお別れ
列番にDがついているようにキハ200が単行で運用についていた

20181017kamiusuki (27) 
さらば上臼杵
今回の旅で一番いい駅だった

続く

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。