2013年8月 瀬戸内3泊4日の旅2日目その1 瀬戸大橋など

メニューへ

6時過ぎに起床

6時30分前に寝床から高松駅へ向かう
瀬戸内02 (1)
琴電が走っていた
京急のお下がり

琴電にも乗りたかったが時間がないんでパスしたが
今考えたら本数も多いようだしひと駅くらいのっても良かったかも




瀬戸内02 (2)
玉藻公園
琴電の高松築港駅の真後ろに位置する
高松城跡を整備した公園らしい
少し散歩しようかと思ったが中に入ると入場料を取られるようだったんでこっちもパス


瀬戸内02 (3)
高松築港駅の前の大通り

ビルが立ち並んでいてまだ6時台半ばなのに築港駅から結構な人数の通勤客が吐き出されてきて賑わっていた

こんなに栄えているとは思わなかった

高松駅の前にもサンポート高松とか言って再開発で高層ビルが建ってるし

築港駅前の通りをまっすぐ歩くと数分で高松駅

瀬戸内02 (4)
駅前広場にあった海水が流れ込むらしい人工潮だまり
魚かヤドカリか居るのかと思って覗き込んだけど何もいないようで
やたらと磯臭い


後でネットで調べたら前はタコがいたらしいんでもう少し念入りに探せばよかった

タコもこんなとこに住まわされるくらいなら食われたほうがマシだろう






瀬戸内02 (5)
高松駅舎

でっかいようで特に中身は無かったりする
土産物屋とコンビニが入っているくらいだったと思う
改札の上のガラス張りの吹き抜けがなかったら正直かなりちんまりした駅だったと思う


瀬戸内02 (6)

朝食は駅近くで讃岐うどんを食べた

節約朝食のつもりだったけどなすびとタコの天ぷらをトッピングをしたらかなり高くついたんでへこむ

味はうどんでしたが天ぷらがおいしかった





7時過ぎから撮り鉄開始

児島までの切符を買いホームに入場

この日は青春18きっぷは使わない

瀬戸内02 (7)
しまんと&211系もどきと早速遭遇

jr四国の形式は良く覚えていない

もどきは3両×2本しか製造されておらず結構レアらしいんだけど別に嬉しくはない



CIMG瀬戸内201

7時37分発特急いしづち5号松山行き


全国的な傾向ではあるんだろうけど特に四国内は高速バス&マイカーに押されて特急の利用客はかなり減ってしまっているらしい

そのせいか増結用の8000系も3両から2両に減車されたそうな

電車特急の2両編成はどうも見慣れない




正直オレンジ唇の生首に見えて気持ち悪いんであんまり好きじゃない




瀬戸内02 (9)

反対側は貫通型

見るからに冴えない顔


まさに今のJR四国のようで悲しい気分になる



瀬戸内02 (8)
割と新しい1500形ディーゼル車

車内は転換クロスシートの豪華仕様

瀬戸内02 (10)
普通観音寺行きは7000系

瀬戸内02 (11)
7時27分着サンライズ瀬戸

残りわずかとなった夜行列車ということもあってか大勢の人がカメラや携帯を向ける

瀬戸内022
朝日をイメージしたらしいこの色も国鉄色っぽくて似合うけどブルーに塗られた姿も見たい



快速マリンライナー12号3112M
高松7:45→児島8:19

瀬戸内02 (12)
色々写真を撮っていたんで発車間際に車内に乗り込む

通勤客で座席は大体埋まっていたんで運転台の後ろで全面展望を楽しむことにする


瀬戸内02 (13)
ヘッドマークのアップ
せとうち…嗚呼悲しいかな読めません

瀬戸内02 (14)
途中ゲテモノみたいな113系とすれ違う


なんでもこのとき開催されていた瀬戸内国際芸術祭の作品の一つだそうで
「エロスとタナトスの共存」とテーマにしたデザインだとか
出来れば高松駅で写真撮りたかった
ノーマル113系も撮れなかったし心残り


エロスという事でさぞ猥褻なラッピングだろうと期待して検索窓に打ち込んだ男性陣も多いのか少ないのかは
知らんけどネットで調べてみたら何がエロスタナトスなのか良くわからん


芸術センスのあるお方が見たら卑猥なものに見えるんでしょうかね
そんな目を持ちたかった


どうもエロスとは「生」の意味であってエロとは違うのかむしれないがまあいいや





瀬戸内02 (15)
今度はノーマル塗装の113系とすれ違う

なぜ高松駅で出会えなかったんだ



結構なスピードで木枕木の上を飛ばす
ロングレール化されていないところも多くガタゴトガタゴト楽しい
ちなみに地元の路線は大部分ロングレール化されている

瀬戸内02 (16)
坂出を発車するといよいよ瀬戸大橋
かなりアップダウンのある高架を上り下りした後宇多津からの高架と合流

瀬戸内02 (17)
上に高速が覆いかぶさる

瀬戸内02 (18)
南備讃瀬戸大橋に突入


瀬戸内02 (19)
下は当然海
人間はすごい

瀬戸内02 (20)
児島で下車

瀬戸内02 (21)
カフェオレ色が停車していたんで撮影
湘南色だとなおよかった



下津井電鉄とこはい号
JR児島駅8:30→鷲羽山第二展望台8:57

瀬戸内02 (22)
駅前のバス停から下津井循環線とこはい号に乗車
このあと鷲羽山へ向かいました

バスの前部についている良くわからん装置は自転車を積むための奴だとか

続く


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR