雑記などのカテゴリー記事一覧

≪新しい記事一覧へ さらに古い記事一覧へ≫

利尻島の思い出その2 ★早朝の姫沼と利尻富士

rebun12-28 (1)
民宿のおじさんに姫沼を案内してもらうことになった
鴛泊の集落から山道を進み姫沼へ…

rebun12-28 (2)
朝日が眩しい


rebun12-28 (3)
さあ姫沼だ

CIMG0rererere275.jpg
無風なので水面は鏡のようになっていて利尻富士が映り込んでいる
今まで見てきた中で最も美しい景色の一つに数えていいぐらいには綺麗だった

rebun12-28 (4)

rebun12-28 (5)
池に住み着くオシドリ
遊歩道を歩いているとエゾリスとも遭遇

rebun12-28 (6)
まさに大自然の真っ只中
素晴らしい自然を満喫したつもりだったが姫沼はなんと人造湖だそうで…
ちょっと拍子抜けしてしまった

rebun12-28 (8)
姫沼展望台から見る鴛泊の集落

続く
次回こそ自転車で島一周

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

利尻島の思い出その1

risiri121212 (1)
初めて利尻島を訪問した時の記録を振り返ってみます
16時頃に礼文を出発するフェリーに乗船
約1時間ほどで到着


risiri121212 (3)
下船
利尻島・鴛泊港のフェリーターミナルは建て替えのためプレハブとなっていた
宿を予約して無かったので宿泊案内所に尋ねると幸いなことに空きがあるらしい
ということで民宿のおじさんに迎えに来てもらい宿へ


risiri121212 (4)
時刻は18時過ぎ
セイコマで腹ごしらえをした後夕陽ヶ丘展望台に向かう

risiri121212 (5)
名前の通り夕日を見物するスポット

risiri121212 (6)
北海道特有?の木の生えていない大岩のてっぺんが展望台となっている
知床のゴジラ岩だったり鴛泊港のペシ岬だったり行ったことないけど江差のかもめ岩
や様似のエンムル岬だったり海ぞいの登れる大岩みたいなのは結構な数ある

risiri121212 (7)
てっぺんは平べったくなっており思ったよりも広かった
礼文島方向はこのような景色
奥の島影が礼文島

risiri121212 (8)
逆側はこんな感じ
夕日に照らされる利尻島と鴛泊の街並み
どっちを向いても絶景だった

risiri121212 (9)
18時45分過ぎ
太陽は礼文島の島影に…

2012年8月の記録です

翌日は利尻島を自転車で一周
続く


テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

2016年初夏の旅行記予告

1606ryoyoko (5)
ブログ更新以外にもいろいろなものをほっぽり出して旅に出ました

1606ryoyoko (4)
といっても人生丸ごとぶん投げるにはまだ早い気がしたので
本日帰宅

1606ryoyoko (1)

1606ryoyoko (2) 


1606ryoyoko (3)
明日というかすでに日付が変わってしまったので
今日の夜あたりから更新再開します




予約投稿したはずの記事がなぜか消えてます

更新する気が萎えたので今日は更新しません 
ブラウザの履歴たどったらなぜか記事がそのまま残ってました
ということで更新しました

更新遅延のお知らせ   

kairakuen.png
メモリーカードの一部がどっかいったんで
現在捜索中です

このため旅行記更新一時停止中

明日あさってあたりまでには再開したいと思います

yamayama3546846.png

ちょっと前の熊本市内の写真 今回の地震で潰れてしまった熊本大神宮社務所など

P1020232.jpg
まず熊本城と路面電車

P1020251.jpg
崩落した櫓と石垣に押しつぶされた熊本大神宮の社務所

P1020252.jpg
熊本大神宮 拝殿

P1020259.jpg
熊本城石垣と白川

P1010967.jpg
ボロボロだった黒髪町駅のホーム屋根
2年前の段階で蹴とばしたら崩れるくらいにぼろかったけど無事なんだろうか


P1020062.jpg
ボロボロと言えば熊電の架線柱
どうなってるんだろう

CIMG0450.jpg
こちらは阿蘇市の阿蘇神社
写真の楼門は全壊してしまったらしい


CIMG0457.jpg
崩壊は免れたらしい拝殿

CIMG0464.jpg
近くの通り


熊本城は石垣が崩れるなどの大きな被害が出ている
阿蘇大橋付近の地滑り?では豊肥線の線路や国道57号、何もかも土砂に飲み込まれてしまってる
自分が知ってるとこ
過去に訪れたところ(礼文島のトンネルが訪問した少し後に大雨のため土砂で埋まったこととかはあるけど)
が巨大災害で滅茶苦茶になっているのを見るのは初めてだったんで唖然としながらテレビを眺めてるような状態
これ以上被害が出ないことを祈るだけ…
震源は大分の方に移動してるようだけど大丈夫なんだろうか
昨日大分出身の内川がヒーローインタビューで泣いていたけど、あれ見ると余計に…
本当にこれ以上被害が出てほしくないです
ずっとニュースを見てたんで寝不足でいつも以上におかしな文章かもしれませんが許してください

熊本市内は2014年3月、阿蘇市内は2013年8月撮影

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

ただいま北海道旅行中 

DSC_0194 (1)
特急オホーツクのヘッドマーク

DSC_0191.jpg
落石岬のエゾシカの大群
200頭くらいいて唖然とした

DSC_0193.jpg
落石の集落で見かけたキタキツネ



タイトルのとおり現在旅行中です
記事を貯めて予約投稿というようなまじめな運営はしていないので駅舎コーナーの更新もいったん停止中です
更新頻度がいつにも増して不定期となること確実ですがご了承ください

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

熊電5000系青ガエル、本日限りで引退!!!

P1560167.jpg
今日をもって東急5000系の最後の生き残りである熊電所属車が引退しました
今年になってからもう一度訪問するつもりだったけど今年度中=3月いっぱいと勝手に認識していたので
2月中になって初めて2月14日に引退ということに気付いたような有様
一応熊電には5回くらい訪問してるんで後悔はないつもりだったけど、熊電5000系の引退を知らせるニュースをみると、
どうももやもや感が…
これを払しょくするというと変な感じになるけど、昨年12月に熊電に乗車した時の記録をブログにアップしていなかったんで、一応その時の模様を振り返って気を紛らわすことにします

12月某日の日曜日…
P1560407.jpg
高架になったJR上熊本駅の駅前広場の隅っこに位置している熊本電鉄上熊本駅

P1560371.jpg
駅前広場の向こう側には市電の車両基地も…

P1560377.jpg

P1560383.jpg
やたら年季の入った車両が留置されていた
調べてみるとこの1063号は1951年に製造され、現在もラッシュ時を中心に運用に入っているそうな
青ガエルよりも先輩だけどこちらはまだまだ現役で活躍中
まあ路面電車はどこもかなり古いのがまだ普通に走ってるけど…

P1560218.jpg

P1560220.jpg

P1560233.jpg
こちらは平面ガエル

P1560242.jpg
立派な新幹線の高架橋とボロボロよれよれの熊電の線路

P1560245.jpg
地方私鉄ではまだ木製架線柱が現役なところも多いけど、ビームまで木製のものはあまり見たことが無い

P1560457.jpg
車内

P1560461.jpg

P1560442.jpg

P1560463.jpg
運賃表は新型のモニター式
何年か前までは幕式のものが使われていたはず

P1560465.jpg
北熊本に到着

P1560473.jpg
熊本市中心部へ向かうために藤崎宮前行きに乗り換える
普段は予備車となっている南海200系がこの日は運用に入っていた

P1560483.jpg
車内
もっとボロい感じかなと思っていたけどご覧の様にかなり綺麗な状態で正直驚いた

P1560503.jpg
藤崎宮前着

P1560558.jpg
前日の夜に撮った写真だけど青ガエルの後任はステンレス車体の営団01系
木製架線柱が立ち並ぶ中をこの車両が走るのは違和感ありありだけどそのうち慣れるんだろうか



熊電5000系、長い間お疲れさんでした
5101Aは北熊本駅で保存されるらしいんで、機会があったらまた見に行きます

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

冠雪した桜島

昨日からの大雪により鹿児島市内の積雪は一時14センチに達するも夕方には雪もかなり解け路上の状態もほぼ平常に戻った
桜島も当然雪化粧中…というわけでその様子を記録してきた

下3枚 本日夕方日没時の桜島の様子
P1560650.jpg
あと10分早くついていたら夕日に照らされる桜島を拝めたはず
写真を撮りに行くか行かないかで5分ほど迷ったあと腹が痛くなりトイレで糞を垂れたのが
致命傷となり見事夕暮れのベストタイムに間に合わなかった

P1560638.jpg
桜島をアップで
頭の雲が邪魔だなあ

P1560652.jpg
北東方向を見ると桜島の稜線の向こうに桃のような形の高千穂峰が望めた
写真ではわかりづらいけど高千穂嶺の上の方も白くなっていた
明日まで雪は残っているだろうか。。。
プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR