1日目その9 復興号592次 彰化→樹林 ★2度目の台湾旅行記


15時33分 定刻に彰化を発車
20170713c (6)


20170713c (7)
さっきまでいた彰化機務段の横を通過

20170713c (8)
592次は客車を12両繋いでいる
この時点ではまだガラガラ

20170713c (9)
烏渓を越えると

20170713c (10)
列車は台中線と分岐
西側へ進路を変え海線へと入る
その後すぐに木造駅舎が残る追分駅を通過
そういえばこの駅の写真はネットで見たことがある
こんなとこにあったのか
肉圓を食べるんじゃなくてこの駅に来とくべきだった

20170713c (11)
12号車から11号車に移った
座席も海側

20170713c (12)
清水駅
旧客もどきと有蓋車が留置中

20170713c (13)
このあたりでは列車は複線の右側を走行
台湾は左側通行ながら双単線を採用している
優等列車に走りながら追い抜かれるシーンを期待していたが
結局列車とすれ違うことも追い越されることもなかった
何のために右側を走行したんだろうかよく分からん

20170713c (14)
台中港駅発車後
奥の港方向に線路が分岐
調べると台中港線という貨物線だそうな

20170713c (17)
このあたりから天気は一気にどんよりしてくる
台湾海峡に沈む夕日を車窓から眺めることを期待していたが
海線の名前の割には大して海も見えなかった

20170713c (18)
ただ海に近いことは確かなようで風力発電所は頻繁に目にした

20170713c (19)
偶に海が見えたとしてもこんな感じ
この天気ではこんなもんだ

20170713c (20)
それよりも通過駅のいくつかに木造駅舎があったのが気になる
明日も天気は一応いいみたいだから海線の駅巡りでもしてみるか

20170713c (21) 
前述のとおり列車は12両も繋いでいるのに徐々に客が増えてきて
日が暮れたころには座席がほとんど埋まった
自分は無座なので自分が座っている席に客が来るたびに座席を移動することとなる
その時は開いた席に移動していたがとうとう新竹あたりでデッキに立つ羽目になった
これだったら最後尾の開けっ放しのデッキで風を浴びたほうがはるかによかったのだが
もう200何メートルも混雑した車内を歩く気力はない


20170713c (22)
渡り板の隙間から風は入って来るもののデッキは暑い
へとへとになった状態で宿の最寄り駅である樹林に到着
時刻は18時50分前
18時33分の定刻より20分弱遅れての到着となった
20170713c (23)
この駅で相当な数の客が下車
前旅行で復興號に乗ったときもだけど団体客利用も多いようだ

20170713c (24)
樹林駅に降りるのは初めてではないけど
駅前のごちゃごちゃ加減には圧倒される

路地裏の宿に着くとフロントのばあさんがこれから部屋を清掃をするから30分ほど待ってくれと
片言の日本語で言ってきた
クリスマスの日なんでラブホ代わりに使っていた客がいるんだろう
とりあえず荷物を預けて買い出しに出かける
20170713c (25) 
近くの廟?
とにかくど派手

20170713c (26)
夕食
長すぎる1日がようやく終わった
疲れた

関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

1日目その8 彰化駅で復興号592次EL連結など見学&乗車 ★2度目の台湾旅行記


20170628 (144)
15時06分の定刻より3分ほど遅れて復興号591次が到着
この列車は台北より北の七堵始発

20170628 (145)
大急ぎで先方へ行くとすでに機関車は切り離されていた

20170628 (146)
大きく口を開けた貫通路が特徴的

20170628 (147) 
上り自強号にはイタリア製のEMU300型が運用に入っていた
これが発車した後に台北方から機関車が入線


進行方向に機関車を連結
時刻は15時20分過ぎだった


20170628 (148)

20170628 (149)
機関車はE414
往復ともに同じ機関車が担当するようだ

20170628 (150)


20170628 (151)
扉は手動

20170713 (2)
方向幕は自動化されてるんだろうか
幕回しのシーンを観察し損ねた

20170713 (3)

20170628 (152)
復興号には前回の台湾旅行でも少しだけ乗車したけど
せっかく写真を撮ったので車内の写真なんかももう一度詳しく載せることにする
客車はデッキ付き1ドア
座席は簡易リクライニングシートが並ぶ
レザー張りなのを除けば日本の14系客車などと雰囲気含め似ている

201707132 (3)
客車は基本的に製造から約30年程度の様だ
旅客意見箱と書かれたやつを発見
車内に据え付けるぐらいだから客の声を聴く意思があるようだ
国営の台湾が付けてるんだからJRも付ければいいのに

20170628 (153) 
当然無座なので最後尾の開放デッキで流れゆく車窓を楽しむか…と思っていたが
最後尾はごらんのとおりぶつ切り
こっち側にデッキは付いてないらしい
と思ってこれから先に立ち入らなかったが実際には何枚か上の写真に写っているが
デッキは当然存在している
よく勘違いをやらかすがこれは自分でも酷いと思うレベル


20170713c (1) 
便所

20170713c (2)
線路が見える連結面

20170713c (3)
最前面
機関車の後ろ側はこんな感じ
車両高雄方にしかデッキと扉は付いていないのでこちらは完全なぶつ切り
最後尾と違いこの先にデッキはない
写真をよく見るとドアが施錠されている事が良く分かる

20170713c (5)
機関車の背中

色々撮ったりホームをうろちょろしていたらあっという間に発車の時刻
15時33分 彰化を発車



関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

1日目その7 彰化機務段(彰化扇形庫)を見学する ★2度目の台湾旅行記


20170628 (129)
14時17分 彰化駅前

20170710.jpg
駅前から北に延びる道を進み

20170628 (130)
線路沿いに出て地下道を通って

20170628 (131)
交通部台灣鉄路管理局彰化機務段の入り口に到着
駅からは徒歩で約10分

20170628 (132)
詰所で名前と電話番号を書き奥へ進む
入場料は無料
彰化機務段の扇形庫が公開されているのでそれを見学に来た次第

20170628 (133)
早速DLが停められている
これのデッキ部分にしがみ付いて記念写真を撮ろうとする家族連れが多く
係員がしょっちゅう警告の笛を吹いていた

20170628 (134)
進入禁止エリアの向こうには警戒色の有蓋車が連なっていた

20170710-2.jpg
いよいよお目当ての扇形庫

20170628 (135)


20170628 (136)

201707710 (2) 
クリスマスの日曜日ということもあってか子連れにカップル
おっさん鉄ヲタと幅広い層で大賑わい

20170628 (137)
このCK124と書かれた蒸気機関車は動態保存なんだろうか
…と思い調べると日本統治時代にC12として活躍した機関車で
現在動態保存中とのこと
流石wikipedia
なんでも載っている

20170711.jpg 
SLはもう1両
こちらはDT668
顔の通りこちらはD51としてつくられた機関車
2011年に復活運転が行われたそうで

20170628 (138)
残りは貨物列車や南廻線で客車をけん引するアメロコが留置されていた

20170628 (139)
彰化駅方向を見る
途中から架線が張られておりその向こうには電気機関車も停まっている

20170628 (140)
扇形庫ということで当然中心部にはターンテーブルが設置

201707710 (3)
逆から

201707710 (1)
アップで
訪問時に機関車がこの上に乗ることは無かった

20170628 (141)
展望デッキから扇形庫を眺める
機関車の形なんかはアメリカンスタイルで日本と共通点は全くないはずだけど
建物は日本統治時代に造られたこともあってほかの鉄道施設と同じように
なんとなく日本っぽい空気が漂っていた

20170628 (142)


201707710 (4) 
立ち入り禁止エリア
本線の真横には日本統治時代からの建っていると思われる
ずたぼろの詰所が今も現存
柱を蹴ったら全壊しそうなぐらいにぼろい

乗車予定の復興號の入線時刻が迫っていたので、15時前に彰化機務段を後にした
30分弱の滞在だった
欲を言えば機関車が回転するシーンを見たかったけど十分に楽しめた



関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

負鷺

Author:負鷺
後がないし先もない

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
カウンター
今いる人
現在の閲覧者数:
ランキング
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
のりかえ
QRコード
QR