FC2ブログ

土曜午後さんぽの記録 コロナ禍の中咲く桜を撮る(福岡市櫛田神社・天神・舞鶴公園など)

0 Comments
負鷺
2020年4月某日
20200404 (1)
というか今日なんだけど
不要不急の外出自粛要請の中散歩
満員電車に乗って通勤している身からすれば土日だけ何とかしても焼け石に水以下だろとしか思えんけど
20200404 (2)
まあせんよりはまし位のもんだろう
どのみち平日の人の移動を止めない限り感染者数は鰻上り
打つ手なし
まずは中州の櫛田神社

20200404 (3)
桜が満開

20200404 (7)
散歩はどう考えても不要不急だけど
散歩も許されないなら平日の満員電車はどうなるんだよと

20200404 (8)
2度も書いてしまった
こっちは八重桜か

20200404 (5)
手水舎
あれ?柄杓が無い

20200404 (6)
おお…

20200404 (9)
土曜午後なのに人が疎ら
皆真面目に自粛してんだなあ
少なくとも3密の状況ではない
ちなみに拝殿のガラガラも撤去されていた

20200404 (10)
非国民で申し訳ない
山笠も今年は無理だろう

20200404 (12)
THE ニッポンというような光景
美しい

20200404 (4)


20200404 (14)

20200404 (15)
そこそこの古木になるとちょっと脇から咲いてる桜があったりして

20200404 (51)
これがまた良い
この写真がベストショット

20200404 (16)
中洲川端商店街もガラガラ

20200404 (17)
中州の風俗店やらも経営持たないんじゃないの
ガラガラのようだし

20200404 (18)
天神中央公園脇の川

20200404 (19)
9分咲き~ほぼ満開
写真を撮る人間もちらほら
20200404 (20)
しかしこんな感じ
スッカスカ

20200404 (21)
西鉄電車もガラガラ

20200404 (22)
大丸は一応開いているようだけどアーケードは閑散
10人も人がいない

20200404 (23)
西鉄福岡天神駅前
土曜の午後とは思えない
安倍もアホなことばっかやってないで現金はよ配ってくれよ

20200404 (25)
イムズ
もう閉館していると勝手に思っていたが

ims40404.jpg
まだやってんの

20200404 (26)
西鉄が運営する天神コアは先月末に閉店
コロナ禍の中閉店セールを実施し多くの若者を九州各地から引き寄せた
陰キャの男には縁がないビルだった

20200404 (24)
いつもよりは大幅に少ないが駅西側にはそこそこ人がいる
地下街の人も相当少ないんだろうと思い降りてみたらそもそもほとんどの店が休業中
流石に驚いた

20200404 (27)
そのあと大濠公園・舞鶴公園にやって来た

20200404 (31)

20200404 (32)
非国民が沢山おった

20200404 (33)
まあ普段の花見シーズンの10分の一とかそれ以下の人出であることは間違いない

20200404 (34)
旧平和台球場跡地も閑散としていた
十何年前に家族と花見に来たときはまだスタンドの残骸があったがもう相当前に取り壊されたらしい
ちなみに今回はそれ以来の訪問

20200404 (36)
人出はそこそこだが皆散歩のついでの体でいるようで
ベンチやレジャーシートに腰を下ろしている人間は極僅か

20200404 (37)
酒盛りしている人間は確認できなかった
全く煩く無いしこっちの方が健全
来年から桜の木の下で酒を飲むなんて下品な慣習はもう止めた方が良い

20200404 (40)
枝垂桜はまだ


20200404 (35)
そうか

20200404 (43)
福岡城天守台跡へ登る
ここが一番のビュースポット

20200404 (45)
荒津大橋の

20200404 (46)
ワイヤーは見えるが主塔が見えない
天守台からはどの角度から見ても阻まれた

20200404 (47)
ここだけは結構混雑していた
1密ぐらいか

20200404 (48)
右がペイペイドーム 左が福岡タワー
野球選手にもコロナが蔓延し始めているし今年は開幕できないかもしれない
阪神の選手はタニマチと酒池肉林
良いご身分だ

20200404 (49)

20200404 (50)
この後202号経由で天神に戻り西鉄電車で帰宅
終わりの見えないコロナ禍
自分も佐賀のじいさんばあさんの家に帰省するのは現在見合わせ中
ヨーロッパは去年行ってて正解だった

終わり

関連記事
スポンサーサイト



8日目その5 リッフェルベルグからツェルマットへ下山 ゴルナーグラード鉄道 ★最初で最後?中欧旅行記

0 Comments
負鷺
20200323 (21)
リッフェルブルグからツェルマットへ下る
下るといっても鉄道に乗るだけ

20200323 (24)
15時35分 リッフェルベルグ駅着
ローデンボーデン→リッフェルブルグは本来なら1時間半ほどのハイキングコースだけど
足が悪いのとそれにもかかわらず行ったり来たりを繰り返したもんで4時間20分ほどもかかってしまった
まあいい景色を目に焼き付けられたし今日のスケジュールももうツェルマットに下るだけだから
悔いはない
贅沢な時間だった

20200323 (23)
駅前
リフトのりば
ロープウェイだったかもしれん

20200323 (26)
駅前その2
午後なのにマッターホルンくっきり
今日は本当にいい天気だった

20200323 (25)
上り(登り?)列車

20200323 (27)
駅名標
ちょうどアルペンルートの室堂ぐらいの標高か

20200323 (29)
絶景だろう

20200323 (28)

20200323 (30)
15時46分発ツェルマット行に乗車

20200323 (31)
もう間もなく夕方
ボックスが埋まるか埋まらないかぐらいの乗り具合

20200323 (32)
まもなくツェルマット

20200323 (33)
ダイヤ上では16時15分着だけど若干早着

20200323 (34)

20200323 (35)
ゴルナーグラードに居た古い車両だ
工事用車両だったのか

20200323 (36)
お前だったのか
ちゃんと撮ってるのはえらい
恐らく過去旅客用として使われていた車両だと思う

20200323 (37)
ツェルマット周辺にはこのほかにもハイキングコースや展望台が多数整備
この時間帯だけどマッターホルンはまだくっきり
なんでここからほど近いスネガパラダイスと言う展望台に行こうかなとも思ったけど
疲れたんで止めてホテルへ直行

20200323 (38)
いやあ今日は良い日だった
写真は夕食
日本食が恋しい
インチキ寿司は売っていたが高かったんで買わなかった
代わりというか代わりにはならんけどカレーライスを購入
ライスはタイ米でバターチキン風というか
なかなか本格的な味だった
値段も1000円弱
まあスイスだからしょうがない

翌日へ



関連記事

この前高架化された浦上駅 地平仮設駅舎時代の記録

0 Comments
負鷺
前回更新記事では長崎駅をアップ
20200330A (1)
今回は浦上
路面電車で

20200330A (3)
浦上駅前へ

20200330A (4)
到着

20200330A (5)
これも水戸岡デザインか?

20200330A (6)
水戸岡氏の才能は大分おかしくなってしまわれたようだけど
真っ青のデザインは割と外れが無い気がする
自分が青系を好きなだけかな

20200330A (2)
浦上駅

20200330A (7)
見ての通り仮設
後ろには高架駅舎が完成済
訪問から数日後に地平駅は役目を終える

20200330A (8)

20200330A (9)
手狭

20200330A (10)
1面2線
立体駐車場が線路を覆うのも土地が無い長崎らしい光景?

20200330A (11)
特急含め全列車停車
市街地と言うことで利用客はそこそこ多い

20200330A (12)
平和公園最寄り駅

20200330A (13)


20200330A (18)

20200330A (14)
地味に歴史が長いHTB色

20200330A (16)
キハ58から受け継いだこの色も間もなく見納めか

20200330A (17)
高架と仮設駅舎に挟まれた手狭な構内

20200330A (19)
YC1
嫌い

20200330A (20)
787が並ぶ

20200330A (21)
仮設と言うことで味も毛も無かったが
一応記録した次第

終わり


関連記事