FC2ブログ

人生が行き止まり

Archive2016年12月 1/4

2日目その1 高雄からDC自強号で枋寮へ★初めての台湾鉄道旅

1日目へ2日目本日の予定高雄→台東→花蓮朝9時ごろの高雄駅線路を地下に移設する工事中のため駅舎は仮設のもの人口270万人の大都市の玄関口の割には人通りが多くない雑然とした駅前市の繁華街からは割と離れてるんだろうか道の向こうのでっかいシルエットは阿部野橋のビルよりも高い高さ348m!の「高雄85」wikipediaを見ていたら空きフロアが多いとの記述あまり上手くいってないようだ仮駅から見て高架道路の向こう側には日本統治時...

  •  0
  •  0

1日目その6 九份の夜景&一気に高雄へ南下 ★初めての台湾鉄道旅

その5へ霧が凄い立山に初めて登山したときのことを思い出した豎崎道の上辺りから横にそれた場所にある廟みたいな建物割と新しそうな建物ではあるものの濃い霧に覆われていて物凄い雰囲気だった装飾が凄い日本で言うとこの神社的な感じか喉が渇いたのでいったん基山路入口のコンビニへ向かう上写真は大混雑の基山路を進むクロネコヤマト荷物が通行人にぶつかろうがお構いなしでどんどん進んでいったぶつかったほうが悪いぐらいの感...

  •  0
  •  0

1日目その5 九份へ★初めての台湾鉄道旅

その4へ瑞芳駅から白タクで九分へ…運転手から台湾料理 食べた?と片言で聞かれたので いやー今日初めて来たんでまだ食べてませんねえ なんかおすすめありますかねと返すと首を傾げられた 理解してもらえなかったようだ なんか凄い建物が… と思っていると九分に着いたらしく下ろされた駅からは約15分ほどの所要時間乗り合わせていたのは中国人とインドネシアとかその辺の人らしいさっきのど派手な寺院ガイドブックには載...

  •  0
  •  0

1日目その4 平渓線完乗&瑞芳駅の貨物列車★初めての台湾鉄道旅

その3へ十分12時47分発 4720次区間車菁桐行駅員がわっかをぶら下げてこっちにやって来たこの線はタブレット閉塞だったのかよく見ると駅事務室横には信号てこ駅構内に立っている腕木信号はレプリカだとばかり思っていたが本物のようで…終点菁桐には13時05分の到着日本統治時代の木造駅舎が残る糞田舎の駅なのに駅周辺含め観光客で賑わっていて活気があるどっかの国とは大違い駅舎内部ICカードの読み取り機があるのでますます日本っ...

  •  0
  •  0

十分瀑布と十分老街 1日目その3★初めての台湾鉄道旅

その2へ 十分駅で途中下車線路沿いを歩き十分老街へ線路沿いの道には猫が多数特にこの猫は育ちが良い良い感じがするリボン付きの首輪良いもん食って育ったんだろう十分というか台湾全土でも有数の観光地として数えられるであろう十分老街写真の様に商店街の中を伸びる平渓線の線路上に立ち入ってランタンを飛ばすという滅茶苦茶な行為がここの名物となっている線路沿いにはランタンを売る商売人も多数見かけられたそして朝も...

  •  0
  •  0