FC2ブログ

人生が行き止まり

Archive2017年07月 1/3

2日目その6 またまた瑞芳駅 美食街の胡椒餅を食う ★2度目の台湾旅行記

その4へ猫で有名な猴硐(ホウトン)駅に行きたくなったため急きょ台北駅にやってきた15時50分ごろに出る自強号に乗る夕暮れ16時30分過ぎホウトンの隣の瑞芳駅に到着ホームのコンクリ製の屋根の上にはススキが生えている台湾ではホームのことを月台というなんかススキも生えてるし風流じゃないか駅舎ここに降り立つのも前回の旅以来ホウトンへ向かう普通列車まで時間があるので前と同じく駅前をぶらつく相変わらずカオス駅前の突き...

  •  0
  •  0

2日目その5 華西街觀光夜市と剥皮寮と趙記菜肉餛飩大王 など ★2度目の台湾旅行記

その4へ頂埔駅からMRTに乗るやることが無いので龍山寺にやって来たまたまた龍山寺…ついこの前来たので新鮮味はないその近くにある華西街觀光夜市この辺一帯の治安はよくないらしいこの門の向かい自分が立っている位置のすぐ後ろには日本のAVなどを売る露店があったりたちんぼのババアから腕をつかまれたりあまり居心地のいい場所ではない帰宅後調べるとこのあたりの風俗にはババアしかいないというとんでもない所だった台湾のジジ...

  •  0
  •  0

2日目その4 三峽祖師廟など ★2度目の台湾旅行記

その3へ三峡老街の入り口の脇にある三峽祖師廟老街と並んで三峡のメジャーな観光スポットとなっている柱の装飾がとにかく細かい祖師廟のすぐ脇この路地が中々いい感じだった台湾にしてはちょっと小奇麗な感じすらある多分観光雑誌なんかに「いい雰囲気の路地」とか載ってしまったら馬鹿なインスタ女どもで溢れかえるんだろうなあ三峡河ごみごみエリアを戻りバス停へ…台湾のどこにでもいる野良犬店先でしょんべんしていた13時ちょう...

  •  0
  •  0

2日目その3 赤レンガ造りの三峡老街を歩く ★2度目の台湾旅行記

その1へ桃園客運のバスは元高速用なのか2階建てとてもただの路線バスとは思えない内装だったただ結構ぼろくなっており短時間の乗車にもかかわらず物凄く酔った運転も荒すぎる時刻は11時40分頃鶯歌駅から20分ほどで三峡のバス停に付いた老街はここから少し離れた場所にあるため三峡の街中を歩き向かうことに老街は日本統治時代などに栄えた街並ではあるけれどその周囲は現在もかなり栄えていた このごみごみ感がたまらない台湾...

  •  2
  •  0

2日目その2 鶯歌駅で下車し桃園客運バスに乗る ★2度目の台湾旅行記

その1談文から海岸線を引き返す竹南まで来たホームの向こうの留置線には2ドアのずんぐりした車両が停まっているあれはEMU400型という台湾通勤電車の元祖的存在で現在は運用を離脱しているというまでの知識はあったものの竹南に現在も留置されているとは知らなかった降りて写真を撮ろうかとも思ったがやっぱり下車する勇気というか気力が湧かなかったので車内から撮っただけで終わり新竹駅まで戻って来た EMU300型とまたまた遭...

  •  0
  •  0