FC2ブログ

3日目その1 プラハからチェスキークルムロフへČDチェコ鉄道で移動 ★最初で最後?中欧旅行記

2 Comments
負鷺
6時過ぎに起床
疲れが抜けず暫くスマホをいじりゴロゴロ
今の宿には2泊 つまり明日まで滞在予定

20191112 (1)
7時半過ぎ ホテルを出る
でっかいリュックはおきっぱ
身軽で良い

20191112 (2)
今日は2019年9月4日(水)
3日目の始まりもいつも通りドタバタだった

プラハ観光でも良かったんだけど今日はチェスキークルムロフという街に出かけることにする
世界一美しい街とか呼ばれているらしい
列車発車時刻が迫っているんで急いでプラハ駅へ向かう

20191112 (3)
この路地の先を曲がり緑地帯を抜けると

20191112 (4)
プラハ駅


20191112 (5)
昨日の記事を見りゃわかるけど立派な駅舎は高架道路の向こう側(画像の高架は鉄道ではなく道路)
駅窓口で切符を買う
チェスキークルムロフまできっぷを購入
帰りの時刻が調べてもよく分からんやったんで片道
流石首都の駅
日本語発音で普通に通じた

20191112 (6)
531 Ex7が列車番号だろうか
8時1分に発車するチェスキークルムロフ(Český Krumlov)行に乗る
乗車ホームは発車ギリギリになってようやく表示

20191112 (7)
5Jのりばに停まっているこの客レがチェスキークルムロフ行
チェスキークルムロフまで210コルナ 約1000円弱の旅の始まり

20191112 (8)
ほぼ定刻にプラハ本駅を発車
列車はすぐにトンネルへ

20191112 (9)
そういや機関車の顔を見てなかったんで先頭客車一番前の貫通路までやって来た
近すぎてよく分からん

20191112 (10)
列車はガラガラ
6人掛けコンパートメントの窓側に座る

20191112 (11)
駅の売店で買ったサンドウィッチ(バケット?)を齧る

20191112B (1)
ウィーンと同じくプラハの市街地も狭いようでそんなに時間が経たないうちに
車窓はのどかな田園風景に代わる

20191112B (2)
世界の車窓から
あの音楽が頭の中に流れる
九州ではいつの間にか見れなくなったけど

20191112B (4)
実質一人個室に乗ってるようなもん
極めて快適

20191112B (5)
どっかの駅

20191112B (6)
コンパートメントの通路
寝台列車と似たような感じ

20191112B (7)
途中で見たぼろい機関車

20191112B (8)
今どこ線を通ってるとかさっぱり分からん
GPSを有効にしてグーグルマップで見たらそりゃ場所自体は分かるけど
横文字が並ぶ地名を見たところで結局ピンと来るはずも無く
分からんことに変わりはない


20191112B (9)
吊り橋

20191112B (10)
9時39分 Tábor
ターボル駅

20191112B (11)
どっかの駅
どこも洒落ている

201911123 (1)

201911123 (2)
廃車体?

一部区間で相席になったもののコンパートメントはほぼ独占
あまりにも居心地が良いんでうたたねしたりしていた
201911123 (4)

201911123 (6)
何時しか単線へ

201911123 (7)
しかも非電化区間で森林鉄道のような雰囲気
コンパートメントの居心地が良すぎたけど後方展望を楽しむのも良かったかもしれない

201911123 (8)
車窓はますますのどかに

201911123 (9)
10時55分の定刻より15分ほど遅れて終点チェスキークルムロフ着

無題
到着と同時に反対方向に列車が発車
遅れてたこの列車のせいで前に進めなかったようだ
この列車はディーゼルだけどまるで路面電車のような低床車両
しかも編成と編成のあいだに自転車用貨車も繋いでいてなかなか面白い

201911123 (11)
一方で乗って来た列車はこんな感じ
ゴーグルを付けたようなかなり特徴的な顔の機関車

201911123 (12)
あのトラム風ディーゼルとこんな面の機関車が同じ線路を走るというのがヨーロッパらしい
日本では福井鉄道と昔の宮島線ぐらいか

P1050667.jpg
列車はチェスキークルムロフ止
機回しシーンを撮るつもりだったけど到着後5分もしないうちに発車
この先のどこかの駅で機回しするのかそれとも別の場所への片道運行なのかはもちろん不明

P1050669.jpg
意外と本数はある
調べたところ本日プラハ迄の直通列車は無いもののチェスケー・ブジェヨヴィツェ(České Budějovice)まで行けばプラハまで戻る列車がそこそこ運転されているらしい
まあ何とかなるだろう

201911123 (13)
駅舎
駅舎内は特に何もなくしかも無人駅
一応駅舎端っこにはインフォメーションと売店があったが中に居るのは国鉄の職員では無さそうだ
チェコ鉄道も合理化が進んでいるんだろうか

続く
関連記事
スポンサーサイト



負鷺
Posted by負鷺

Comments 2

There are no comments yet.
wra  
こんばんは

チェスキークルムロフを地図で見てみましたが、いやぁ~長閑すぎてビックリです。チェコのかなり端っこまで行ったんですね!

どおりで山中の単線区間を通るわけですよ。

負鷺
負鷺  

けっこうな長旅でした
場所的にオーストリアから直接アクセスした方が効率良かったかもしれませんね
まあ行き当たりばったりの旅なんでその辺はしょうがないんですが

  • 2019/11/17 (Sun) 12:05
  • REPLY