FC2ブログ

3日目その5 最初で最後?中欧旅行記チェスキークルムロフからプラハまで鉄道で帰る チェスキーブディヨヴィツェ駅舎など★最初で最後?中欧旅行記

0 Comments
負鷺
20191228 (1)
さあ帰ろう
こんだけでっかい画像だとコンデジ画質FZ300だからなんか粗が見えるというか目立つ気もするけど
まあいいか

20191228 (2)
15時15分 チェスキークルムロフ駅に戻ってきた
この駅に着いたのが11時10分ごろということで滞在時間約4時間といったところ
レストランで飯食ったり城の中をガイド連れて見物したり雑貨屋を巡ったりしたらそりゃ丸1日ぐらいかかるだろうけど
男一人そういったことは当然しないのでこれぐらいの時間で一応そこそこの見物はできた

20191228 (3)
プラハに戻るためにはチェスキーブディヨヴィツェ行に乗る必要があるらしい
発車標を見上げると発車時刻は17時
あと1時間半…
駅前にもちらほら飲食店はあるが入る勇気も元気も無い
ということで近くのコープでジュースとパンを買い誰も居ない待合室でそれを齧る
よく考えたらまだ昼ご飯食ってなかった

20191228 (4)
相変わらず酷い旅だ
待合室は清潔でコンセントも大量に設置されているので居心地がいい
気温もちょうどよく時折吹き込む風のおかげで眠たくなる
油断してうつらうつらしかけるが財布を盗まれたら困るんで必死に耐える
写真奥の窓口は丸1日閉まったままのようだった
駅舎横・ホームに面した箇所にインフォメーションがありそこでチケットを買えるのか覗きに行ったがここでは買えないとの事
どうも列車内で買う必要があるようだ
チェココルナは手持ちがほとんどなくユーロとクレカしかないがまあ何とかなるだろう

20191228 (5)
チェスキーブディヨヴィツェ方面から派手な色に塗られたレールバスが到着
これが折り返して再びチェスキーブディヨヴィツェ行になるのかなと思っていたが

20191228 (8)
列車は回送となるようで構内外れの貨物ホームのような場所に留置された

20191228 (6)

20191228 (7)
16時59分ごろ OS8110列車が到着

20191228a (1)
路面電車風低床DCが二編成
ただその中間に自転車運搬用の有蓋車が挟み込まれている
往路にすれ違ったのと同じような編成だ

車内に乗り込むとドア横にタッチパネル付きの小さな端末のようなものが設置
これで切符を買うようだ
幸いクレカが使えるようなんでかざすも何の反応も無し
反応しないんで車掌にクレカをかざす動作を見せながらノーと言うと操作を代わってくれた
がいくらやっても反応しない
車掌も首をかしげている
どうも現地のic?に対応していないと反応しないようだ
金はあるのかと聞かれたんでユーロしかないというと車掌は急に慌てた様子で何か言いながら車外に飛びでた
何が起こったんかと思ったらお前も来いと手招き
next train ok…と言うも時すでに遅し 車掌は猛ダッシュで駅舎側ホームに面したインフォメーションへ
自分も足を引きずりながらダッシュで追いかける
インフォメーションへはいると金を出せというジェスチャー
ここで特別に両替してくれるようだ
糞迷惑なアジア人にインフォメーションも困惑した様子だったが手持ちのユーロからチェココルナへの両替は無事に完了
大急ぎで列車に戻ると直ぐに扉が閉まり発車

チェココルナを持ち合わせていないせいで列車の発車が5分ほど遅れてしまった
車掌に平謝りするも気にするなと言ったジェスチャー
発券処理までしてくれた
なかなか糞迷惑かつ恥ずかしい体験だった

この先の道中でも街中の個人商店だろうと車内販売だろうと基本的にクレカが使えたが唯一使えなかったのがこの車内だけ
チェコの通貨はチェココルナだけどユーロも使える箇所が多い
宿泊先もそうだったけどだいたいそういう場合釣銭は若干損なレートのチェココルナで帰ってくる
どこでも両替できるからこそ持ってなかったわけだ
やはり当たり前だけど最低限の現地通貨は持っていた方がいいということを再認識

20191228a (2)
車内はこんな感じでなかなか変わった座席配置
確か対応してくれた人とは別の車掌が検札に来たんで再度ソーリーと言うもやはり笑顔
申し訳ない

20191228 (9)
列車は回復運転といった感じの運行ではなくゴトゴト言いながら北海道を思わせる丘陵地帯をゆっくりと進む

20191228 (11)

20191228 (12)
電化された線路と合流して17時50分前に
終点チェスキーブディヨヴィツェ着
おそらく5分ほど遅れたままのはず
何か肉声放送が流れたらおそらく「本日はお客様対応により列車5分ほど遅れ申し訳ありませんでした」みたいな内容なんだろうと思っていたが幸い?なんの車内放送も無かった

20191228 (20)
まあ5分ぐらいの遅れはざらにあるけど
それにしても今思い出してもぞっとする
鉄道マニアとしてなかなか嫌で恥ずべき体験だった
こういう場合着駅清算でもいい気はするけど


20191228 (21)
チェスキーブディヨヴィツェもなかなか味のある良い駅舎

20191228 (17)
コンコース
そこまで綺麗でないというか
いい感じで薄汚れてる感じがまた良い
チケット売り場でプラハまでの切符を買う
2等で行くつもりなんで窓口のおばはんにツークラスプリーズ!
クレカで無事購入するも出されたきっぷは何と二人分
ああそうかセカンドクラスと言わんといかんやった
自分アホかな
あのおばはんに返金してくれとやりあう気力もないし自分のやらかしなんでどうしようもない
ちなみにプラハまでは169コルナ
日本円で800円ちょい
勉強代というか自分への罰金だ

20191228 (15)
駅舎

20191228 (13)
日本だったらこれだけで観光名所だ
南ボヘミア州最大の都市で、政治・商業の中心地だそうな
この街の旧市街も相当いい感じらしいけど見に行く時間は無い

20191228 (16)
チェコ良いとこだなあ

20191228 (14)
駅前の道路には架線が張り巡らされておりトロリーバスが時たま行きかっている
動画も撮りたかったが道路挟んで向こう側で男女集団が大喧嘩中
男が男を追い回したりしているし巻き込まれたらえらいことだ
とても撮れる雰囲気ではない
駅近くに交番は無いのか?と思ったがそもそも交番は基本日本だけだった

20191228 (18)
駅構内はこんな感じ
何面何線なのかは知らない
写真の機関車はプラハで見なかったタイプ
こいつもなかなか古そうだ

20191228 (19)
手前にはOBBの赤い客車と機関車が縦列駐車
ということはオーストリアからの直通車両と言う事だろう

20191228 (22)
プラハ行Ex1544列車は17時51分の定刻より15分ほど遅れて到着

20191228 (23)
20分ぐらいしか居なかったけど良い駅だった
18時10分 15分遅れで発車

20191228 (25)
昨日プラハまで乗った車両と同タイプ
相変わらず車内は空いていたんで適当な所に座る

20191228 (26)
どこまでもこんな感じののどかな車窓が続き日没

20191228 (27)
遅延は回復することなく定刻19時57分より15分遅れで終点プラハ着
いろいろあったが良い旅だった
この後徒歩で昨日から2泊中の旧市街の宿へ向かう

翌日へ

関連記事
スポンサーサイト



負鷺
Posted by負鷺

Comments 0

There are no comments yet.