FC2ブログ

4日目その6 時間が無いのにプラハ・マサリク駅を見物★最初で最後?中欧旅行記

2 Comments
負鷺
20200114 (1)
プラハ城を出て坂を下った先にも路面電車

20200114 (2)
また撮影

20200114 (3)
時間が無い


20200114 (4)
何時間か前に通ったSt. Nicholas Church

20200114 (5)
ここからは往路と同じ道を引き返す
それにしても午前と比べると人通りが全然違う

20200114 (6)
カレル橋を渡りヴルタヴァ川右岸へ

20200114 (7)
えぐい

20200114 (8)
予想よりもはるかに多い人でごった返していた
急いでいるのに先に進めない
この先はずっとこんな感じで

20200114 (9)
15時ごろ
芋洗い状態の旧市街広場着
テロでもあったらお終いだ
まあそんなもん気を付けてもどうにもならない
自分にできるのはスリを警戒することぐらいか

ウィーン行の発車時間は16時47分
旧市街広場と火薬塔を観光するだけだったらまだ時間的に最低限の余裕はあるけど鉄道マニアとしてプラハのサブターミナル マサリク駅も見物しておきたいところ
これ以上予定を詰めると旧市街広場を観光できないどころか列車に乗り遅れる恐れすらある
もう諦めたほうが良い気もしたけどもう二度と来ることは無いだろうからあとのことは考えず行くことにした

20190114 a (1)
旧市街の街並みを見ながらさらに進むと火薬塔

20190114 a (3)
その横には市民会館

20190114 a (4)
このモザイク画は結構有名なものらしいけどもうそんなもんはどうでもいい

20190114 a (5)
更に数分進むとマサリク駅着
どれが駅だよと思われるかもしれないが目の前の建物全部が駅舎

20190114 a (27)
近くで見ても駅には見えない

20190114 a (6)
駅舎正面側はこっち

20190114 a (26)
これが正面
このガラスと鉄骨の大屋根の向こうに頭単式のホームが何面か並んでいて
その両サイドに石造りかレンガ造りの駅建物が立っている
このため外からはレールが見えない構造
20190114 a (7)
こんな感じ
鉄骨の大屋根はホーム頭部分しか覆っていない

20190114 a (8)
発車標
予想以上に本数は多い
時計を見るともう15時20分過ぎ
やばい

20190114 a (9)
ホームはこんな感じ
なかなか良い雰囲気で長居したくなる

20190114 a (11)
プラハ本駅と違ってちょっとローカルな感じがまた良い

20190114 a (12)
チェコ鉄道の駅員はある程度より立場が上になると制帽が赤になるようだ
真っ赤な制帽なんて日本にはないけどこれはこれで結構かっこいい
まあアジア顔には似合わんだろうけど

20190114 a (13)

20190114 a (16)
欲を言ったらこんなかっこいい2階建てばっかじゃなくてもうすこしおんぼろの車両が居たら良かったんだけど

20190114 a (15)
駅の先でプラハ本駅から来た線路と合流しているようだ
留置線群もあるようで車両が停まっている
実はここからプラハ本駅までそこまでの距離は無い
宿に預けていた荷物を撮った後旧市街広場を見物→火薬塔を通りマサリク駅見物→プラハ本駅のルートを辿った方が一番効率が良かったようだ
しかしもう遅い

20190114 a (17)
5番線には水色の気動車が停車中

20190114 a (18)

20190114 a (19)
こっち側の顔がツボ

20190114 a (20)
出来た時からこの顔なのか貫通化工事が行われたのかもしれんけどこの無骨な面構えと爽やかすぎる塗装のギャップがたまらん
発車時刻は15時47分
発車の様子を動画で記録したかったがどう考えても無理

20190114 a (22)
帰ろうとしていたらまた別種類の気動車が入線

20190114 a (24)
こっちは完全にレールバスと言った感じ

20190114 a (23)
見た感じ新しいけどどうも新車という雰囲気ではない
最近更新工事でも行われたのかもしれない

20190114 a (25)
時計を見ると15時45分
やばい
あと2分待ってたらさっきの気動車の発車も撮れるけどもう1分の余裕も無い
大急ぎでマサリク駅を後にし旧市街広場に向かう


最後に動画
続く

関連記事
スポンサーサイト



負鷺
Posted by負鷺

Comments 2

There are no comments yet.
wra  
こんばんは

何かのお祭りかってぐらいに凄い混雑ぶりですね。観光客多すぎ問題は決して京都だけでなく、世界中の主要観光地に共通して言えることなのかもしれません。

負鷺
負鷺  

周辺諸国より物価が安いこともあって周辺の所得が多い国から観光客が流れ込んでいるようですね
あとは中国人・韓国人
宮島も京都もタイもですが世界中どこもこんな感じになっていくんでしょうね…

  • 2020/01/18 (Sat) 16:40
  • REPLY